beautyビューティー

小顔感UPも肩のコリの緩和も。二重アゴを予防しつつ【首元ほっそり】が叶う簡単習慣

Twitter
LINEで送る

年明けから忙しくデスクに向かう時間が長い方は少なくないと思いますが、重い頭を支える首の筋肉が縮こまった状態が続くと首や肩がコリやすくなるだけでなく、首がずんぐりと短い印象になってしまったり、顔下にたるみが出て二重あごになってしまったりなどの影響が出てくるもの。そこで習慣に採り入れたいのが、首の前側からデコルテ周辺の柔軟性キープに役立つ簡単ストレッチです。

 

 

 

【首の前側からデコルテ周辺に効く簡単ストレッチ】

 

二重あごの予防効果や首長効果だけでなく、老け胸の予防効果を期待でき、さらには血行促進と代謝UP効果も狙えます。

 

 

(1)鎖骨に両手をあてる

 

 

 

(2)そのまま真上にあごを持ち上げるイメージで天井を見上げて20秒間キープする

 

 

 

(3)右斜め上にあごを持ち上げるイメージで見上げて20秒間キープし、その後左斜め上にあごを持ち上げるイメージで見上げて20秒間キープする

 

 

 

なお、「あごを持ち上げて首を伸ばした時に上半身が後ろに反った状態」(下写真)だと十分に首元の筋肉を伸ばすことができず、期待する効果は得られなくなってしまいます。

 

 

首を上げる際は「上半身が直立した状態をキープする」ことを心がけましょう。

 

 

日々の活動がルーティーン化していると体の特定の部分の筋肉が固まってしまい、気づけばそれが原因院で体に不調が表れてしまうこともあります。特に小顔な印象やほっそりとした首元は好感度を高める上で大切な要素。ぜひ今回紹介した簡単ストレッチを習慣的に実践することで、軽やかかつヘルシーに体バランスをキープしていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border