beautyビューティー

お腹凹ませ&太もも痩せを一気に。代謝を高めつつ【ほっそり下半身】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

1日中座りっぱなしで体をほとんど動かさないという方は少なくないと思いますが、座りっぱなしの時間が長くなるほどお腹周りの筋肉は固まってしまい、お腹や下半身に贅肉がつきやすい状態になってしまいます。そこで習慣に採り入れたいのが、お腹周りや太ももの引き締めが一気に叶うピラティスの簡単エクササイズ【レッグプルフロント】です。体幹も一段と強化されるので、代謝の良い理想的な体をめざせます。

 

 

 

【レッグプルフロント】

 

お腹の凹ませと太もものサイズダウンに効果を期待できるだけでなく、お腹周りや下半身全体の柔軟性を高めてくれるエクササイズです。

 

 

(1)床に脚を伸ばして座り両腕を後ろに置く

 

▲手の指先は体の方に向け、肩甲骨を寄せて骨盤を立てます

 

 

(2)息を吸い、息を吐きながら右脚を伸ばしたままゆっくり上げていく

 

 

 

(3)脚を上げきったら息を吸い、脚を下ろす準備をする

 

 

 

(4)息を吐きながらゆっくり脚を下ろしていく

 

 

 

脚を変えて反対側も同様に行い、“1日あたり左右各5回を目標”に実践します。なお、エクササイズ効果をきちんと得るためには「常に背筋を伸ばした状態で行うこと」がポイントです。

 

▲脚を上げる際に背中が丸まってしまうと期待する効果を得られません

 

ピラティスのエクササイズは「正しいフォームで実践すること」「動きと呼吸を連動させること」の2つが重要とされています。最初は無理をせず正しい姿勢と呼吸で目標回数をこなすことから始めて、お腹や太ももを引き締めつつ代謝の良い体をつくっていきましょうね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:YUKI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴2年)>


border