beautyビューティー

お腹を“伸ばす+ねじる”がポイント!1日1セット【くびれを取り戻す】簡単習慣

Twitter
LINEで送る

普段からほとんど動かすことのないウエスト周りはストレッチをするだけでも大きな刺激となり、お腹の贅肉を引き締める効果を期待できます。そこで「最近お腹のくびれがなくなってきた」と悩んでいる方こそ習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【立位の三日月のねじりポーズ】。お腹を伸ばしてねじる動きを加えるポーズはお腹のくびれ復活に大きな効果を期待できます。

 

 

 

【立位の三日月のねじりポーズ】

 

腕を大きく伸ばして上半身をストレッチしていくことでお腹の位置を引き上げ、ねじりを加えることで「腹斜筋」を刺激します。また、お腹だけでなく背中の筋にもストレッチ&引き締め効果を期待できるので、お腹のサイズダウンにも大変効果的です。

 

 

(1)両脚を揃えて立ち、両手を胸の前で合掌する

 

 

 

(2)息を吸いながら両腕を上げていく

 

 

 

(3)息を吐きながら上半身を左方向にゆっくりねじっていく

 

▲腰側から上に向かって順に捻っていきます

 

 

(4)息を吸いながら(2)に戻り、続けて反対側も同様に行う

 

 

 

期待する効果をきちんと得るためには「上へ、上へと伸ばす意識を持って実践する」のがポイント。両腕を上げる際はもちろんのこと、上半身をねじっていく際も常に上へ引っ張られているイメージを持つようにしましょう。また、「ゆっくりと息を吐きながら、ゆっくりと腰側(下)から首側(上)へ順番にねじっていくこと」も大切なポイントです。

 

 

シンプルな動きながら、伸ばすにねじりを加えることでお腹の贅肉の引き締めに効率良くアプローチできます。ぜひ習慣にして、お腹にくびれを取り戻していきましょうね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border