beautyビューティー

脇腹をキュッと引き締め。“伸ばす×ねじる”のW効果で【くびれウエスト】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

「最近ウエストにくびれがなくなってきた」と悩んでいる方は少なくないと思います。そんな脇腹のたるみに気づいたら、すぐ習慣にとりれて欲しいのが、ヨガの簡単ポーズ【立位の三日月のねじりポーズ】。お腹を伸ばし、ねじる動きを加えるポーズで、お腹周りのメリハリ感の復活に効果を発揮します。

 

 

 

【立位の三日月のねじりポーズ】

 

腕を大きく伸ばして上半身をストレッチしていくことでお腹の位置を引き上げ、ねじりを加えることで腹筋を刺激します、腹筋だけでなく背中にも十分なストレッチ&引き締め効果を期待できるのでお腹周りのサイズダウンにも効果的です。

 

 

(1)両脚を揃えて立ち、両手を胸の前で合掌する

 

 

 

(2)息を吸いながら両腕を上げていく

 

 

 

(3)息を吐きながら上半身を左方向にゆっくりねじっていく

 

▲腰側から上に向かって順に捻っていきます

 

 

(4)息を吸いながら(2)に戻り、続けて反対側も同様に行う

 

 

 

とにかく「上へ、上へと伸ばす意識を持って実践する」のが期待する効果を得るためのポイント。両腕を上げる際はもちろんのこと、上半身をねじっていく際も常に上へ引っ張られているイメージを持ちましょう。また、「ゆっくりと息を吐きながら、ゆっくりとねじっていくこと」も大切です。

 

 

シンプルな動きながら、伸ばし×ねじりのW効果で脇腹のたるみにアプローチできます。ぜひ「くびれを取り戻したい」、「お腹を凹ませたい」と願う方こそ習慣にして、メリハリ感のあるお腹周りを取り戻してくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border