beautyビューティー

贅肉を溜めにくい体に。体の歪みを整えつつ【ほっそりウエスト】を目指す簡単習慣

Twitter
LINEで送る

「自分の体は歪んでいない」と自信を持って言い切れますか? 椅子や靴が体に合っていない、片方の手足ばかりを使うことが多いなど、ちょっとした生活習慣が体の歪みの原因となってしまうものです。それに体に歪みが生じているとウエスト周りを中心に贅肉も付きやすくなりがち。そこで習慣に取り入れたいのが、体の歪みを整えつつ“体側”の柔軟性UPに役立つ簡単ストレッチになります。

 

 

 

【体側ストレッチ】

 

(1)床にあぐら座りをして、両脚を前後に組む

 

 

 

(2)内側の脚と反対側の手のひじを床に着き、体に近い方の脚が支点になるよう固定する

 

 

 

(3)床に着いてない方の腕を真っ直ぐ伸ばして20秒間キープする

 

▲余裕があれば天井を見るとストレッチ効果がさらに高まります

 

 

脚を変えて、反対側も同様に行います。なお、下写真のように「腕を伸ばした時にひざが浮いてしまう」と体側を充分に伸ばすことができずに期待する効果を得ることができません。

 

 

実践時は「脚を床につけた状態をキープすること」を心がけてください。

 

 

日々の活動がルーティーン化していると体の特定の部分しか使わずに1日が終わってしまい、気づけば体に不調が表れてしまったり、お腹周りがより痩せにくい状態になってしまうことがあります。体側の柔軟性をキープしつつ体の歪みを整えることはウエストにくびれを取り戻すための鍵。ぜひ今回紹介した簡単ストレッチを習慣的に実践して、ほっそりウエストのキープを目指していきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border