dietダイエット

体重55kg→44kg“整形級”ダイエットの功罪&腹斜筋の柔軟性UP簡単くびれメイク習慣

Twitter
LINEで送る

お届けしている話題の中から、キレイな体型づくりのためにも参考にしたい特に反響の大きかった話題をシリーズで紹介。今回は『体重55kg→44kg“整形級”ダイエットの功罪』『腹斜筋の柔軟性UP簡単くびれメイク習慣』の2つになります。週末のひとときまとめてチェックしてみてください。

 

▶︎【アンケート】あなたが読みたい「コスメ記事」についてご意見をお寄せください

 

 

|1ヶ月で体重55kg→44kg!短期ダイエット法の功罪とは?

 

「ダイエットは最高の整形」とはよく言いますが、インスタグラムにセルフィをアップロードしたところ、以前とは別人級の様相に、「整形した?」「写真を加工しすぎ!」と話題を呼んだのが、元女優で現在はYouTuberとして活躍するカン・ウンビ。心配の声が上がるなか、彼女自身は「画像加工ではなく、ダイエットしたから。1ヶ月で11kg痩せて顔の肉が急激になくなった」と説明。そんな彼女のダイエット法に注目が高まっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ekobi_ 강은비(@ekobi_)がシェアした投稿

 

彼女の身長は公称164cmなので55kgでも十分に標準体重とは言えるのですが、女優時代は42kgだったそうで、「徐々に重くなっていく自分の体に恐怖を感じた」のがダイエットのきっかけだったそう。ダイエット後はあごが鋭角になっていたため「整形をしたのでは?」という疑惑が生じていたのですが、これに対しても「YouTubeをほぼ毎日配信しているのに手術が伴うような整形は無理」とコメントし、before→afterの写真もインスタグラムにUPしています。

 

1ヶ月で11kgを減量するとなるとあまり健康的な痩せ方とは言えませんが、本人によれば「徹底した食事管理と毎日の運動をストイックに行った」そう。ただし、彼女のダイエット法は短期間で急激に太ってしまった際には可能な方法なのかもしれませんが、もともと標準体重くらいの方が実践すると体への負担はかなり大きいと言えます。実際、現在もダイエット継続中という彼女も「最近寝付きが悪い」と健康面の不調を告白しているようです。

 

やはりダイエットは長い期間をかけてゆるやかに実践することが、健康面でもリバウンドリスクを抑えるためにも理想的。彼女のケースを単に真似をするのではなく、「ダイエットで整形級に変われるんだ!」とモチベーションの1つに留めておく程度にして、自分に合う健康的なダイエット法を実践していきましょう。

 

 

 

|腹斜筋の柔軟性を高めてくびれウエストに

 

痩せにくいパーツとして真っ先に挙がる“ウエスト周り”。その原因の1つがお腹周りの筋肉が固まった状態であることとされています。でも、意識を向けないとウエスト周りの筋肉の柔軟性キープは難しいものです。そこで習慣に採り入れたいのが“くびれ作りの鍵”とも言われる「腹斜筋」の柔軟性UPを目指す簡単ストレッチになります。

 

 

(1)床に脚を伸ばして座る

 

 

 

(2)左ひざを立てて右脚の外側へクロスさせ、右腕を左ひざの横に添えるようにして支点を作る

 

 

 

(3)(2)で作った支点を固定して体をゆっくりひねっていき、ひねり切ったら20秒間キープする

 

 

 

脚を変えて反対側も同様に行います。なお、「キープ時にひざが横に倒れてしまう」と支点がない状態になり、体を上手にひねることができずに期待する効果を得ることができません。実践時は「支点をきちんとキープして体をひねる」ことを心がけてくださいね。<ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年)>


border