make upメイク

実は彼女たちも必死?! 大きくて印象的な瞳を叶える“ハリウッド流デカ目メイク”の極意

Twitter
LINEで送る

「大きくて印象的な瞳♡」

 

ゴージャスな海外セレブたちの写真を見たとき、そんな感想とともに思わずため息をつくことありませんか? その顔立ちたちから「彼女たちはアイメイクはそんなにこだわってないのでは?」と思うのは、実は大きなマチガイ!! 彼女たちだって“デカ目メイク”が必須なんです。

 

160405-0042

出典:instagram

 

そこで今回は彼女たちが行っている“ハリウッド流デカ目メイクテク”の極意を紹介します。

 

 

 

(1)スタートは冷やすことから!

 

大きな目に“むくみ”は禁物。冷蔵庫で冷やしておいた目元専用のマスク、もしくはない場合は氷でもOK。とにかく目の周りを冷やすことからはじめます。

 

View this post on Instagram

Hello morning

A post shared by chrissy teigen (@chrissyteigen) on

 

 

 

 

(2)“くま”のカバーは完璧な色選びで!

 

“くま”を隠すことはもちろん、カバーした色が間違っていると目が小さく見えてしまう原因に。色は自分の肌色のワントーン明るい色を選ぶのがポイントです。

 

 

 

 

(3)二重部分に一番濃いカラーを!

 

アイシャドウは定番のブラウンに加え、鮮やかなアクア、シルバー、ピンクなどもデカ目におすすめのカラー。また、二重部分に一番濃いカラーをのせると目が強調されます。

 

View this post on Instagram

😍

A post shared by Kylie 🤍 (@kyliejenner) on

 

アイシャドウをブラシでとって、中央から目尻にむけてぼかすように入れていきましょう。

 

 

 

 

(4)下まぶたのアイラインも忘れずに!

 

下まぶたにもアイライナーを入れるのがマスト! ただし目頭からがっつり入れるとギャルメイクになってしまうので、薄く入れること。

 

View this post on Instagram

👀 @styledbyhrush @tokyostylez

A post shared by Kylie 🤍 (@kyliejenner) on

 

濃いブラウン系のアイペンシルなら、目頭から目尻に入れてもギャルっぽくなりません。

 

 

 

(5)ハイライトも上手に活用!

 

ほほ骨や鼻筋に入れるハイライトは“デカ目メイク”にも使えます。入れる位置は、まぶたの中央・眉骨・目頭。

 

 

イエロー系の肌の場合、ハイライトは白やシルバー系よりもゴールド系を使うと自然な印象に仕上がります。

 

 

 

新しい出会いが多いこの季節、完璧な“デカ目メイク”で印象的で大きな瞳を作って、気になる人をドキッとさせちゃいましょう♡

 

 

text:ピーリング麻里子 top image出典:instagram


border