columnコラム

失敗知らずでスタイルアップも◎ 夏のイチオシ【オールインワン】着こなしのコツ

Twitter
LINEで送る

スタイリングいらずでラクちんお洒落を愉しめるオールインワンは夏コーデのイチオシ。一方で「カジュアルになりすぎてしまう」、「野暮見えしてしまうかも」といったお悩みを抱えている方も少なくないと思います。そこでお洒落さんたちの着こなしをお手本に、失敗知らずの着こなしのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|初心者さんはフェミニンなデザインのアイテムがオススメ

 

オールインワン初心者さんにオススメなのが、Vネックデザインとフレンチスリーブがオンナらしく着られるこちらの1着になります。

 

出典:WEAR

 

フロントボタンが程良いアクセントになって単調に見えにくいため、オールインワン初心者さんでもトライしやすいのが魅力。また、ウエストの切替位置が高めに設定されているので、ウエストマークによるスタイルアップ効果が高いのも嬉しいポイントです。

 

オンナらしさたっぷりのカシュクールと、スカートのような落ち感のワイドなパンツラインのコンビネゾンなら、カジュアルに見えにくく大人っぽく着こなせます。

 

出典:WEAR

 

カシュクールによる立体感がありつつウエストがキュッとシェイプされたシルエットがオンナらしさをさり気なく演出。シャープな印象の黒もサラッとした素材感でしなやかで涼しげに見えるので、重見えしにくいのもポイントです。また、大きく開いた袖口で二の腕をしっかりとカバーしてくれます。

 

 

 

|一歩差をつけたお洒落&2着目にトライするなら辛口デザインを

 

ダブルカラーと絞られたウエストシルエットがキレイめな印象で着られるコンビネゾンは、ちょっとしたフォーマルシーンにもオススメの1着。

 

出典:WEAR

 

あれこれ考えず着るだけでモードスタイルが簡単に仕上がるので、一歩差の付くお洒落を愉しめます。また、胸元が程良く開いているので、華奢感のあるネックレスや耳周りのアクセサリーで華やかさをプラスしてみましょう。

 

メンズライクなワークテイストのオールインワンは、優しい印象のコットン素材やホワイトカラーを選ぶのがポイントです。

 

出典:WEAR

 

カジュアル度が高めなデザインなので小物使いが重要になります。パイソン柄のフラットシューズで上品にアクセントをプラスし、ミニショルダーバッグでオンナらしさを醸すことでカジュアル感をしっかり抑えましょう。

 

ビターブラウンのサファリ系ジャンプスーツは、フロントボタンを少し開けデコルテ見せしたり、腕まくりをして抜け感を作ることが着こなしのポイントです。

 

出典:WEAR

 

ハンサムライクなデザインなので、華奢なゴールド系のアクセサリーでさりげなくオンナらしさを忍ばせたり、素肌感の出るシューズを合わせると、より鮮度の高いお洒落スタイルに仕上がります。

 

 

1枚でワンランク上のお洒落を叶えてくれる一方で、着こなしの難易度が高そうな印象のオールインワンですが、今シーズンはオンナらしく着こなせるデザインが豊富なので初心者さんもトライしやすいはず。ぜひワードローブに採り入れてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai top image出典:WEAR


border