columnコラム

正統派からカジュアルまで。夏映えする【きれい色パンツ】着こなしのポイントは?

Twitter
LINEで送る

夏のコーデに華やかな彩りを添えてくれる【きれい色パンツ】は大人っぽく可愛げのある旬顔ファッションを愉しめる優秀アイテムです。そこで今回は正統派のきれいめカジュアルから大人っぽいリラクシーなスタイルまで、夏映えする着こなしのポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|“ビビッドな暖色系カラー”で華やかな正統派カジュアルに

 

きれいめな雰囲気のトップスを合わせた正統派コーデなら、コンサバになりすぎないように“ビビッドな暖色系カラー”を合わせるのがオススメです。

 

出典:WEAR

 

鮮やかな色味のきれい色パンツがコーデのアクセントになって、きれいめながら洒落感のあるヘルシーな夏スタイルに仕上がります。また、正統派カジュアルを感度の高いスタイルにアップデートするために、フロントカットやスリット入りなどデザイン性のあるパンツを投入するのもポイントです。

 

 

 

|“イエロー系カラー”で爽やかなリラクシースタイルを

 

ワントーンなコーデに飽きたとき、ライトなきれい色パンツなら色合わせも難しくないのでトライしやすいもの。中でもオススメのカラーが爽やかな雰囲気を醸す“レモンカラー”です。

 

出典:WEAR

 

柔らかなコットンのワンピースとレイヤードするだけでリラックス感あふれる着こなしに。ワンピースはシルエットにメリハリの出るブラウジングできるデザインを選ぶのがポイント。季節感のある小物をプラスして旬な雰囲気を出しつつ、トップスとシューズの色味を合わせて仕上げましょう。

 

一方、きれい色パンツと聞くとパステルカラーをイメージしてしまい、可愛くなりすぎると敬遠する方も少なくないでしょう。そんな方にオススメしたいのが“マスタードイエロー”です。

 

出典:WEAR

 

トップスにブラックを持ってくるだけで、ハイウエストリボンのデザインで可愛さを出しつつも甘すぎない大人っぽい甘辛ミックススタイルが完成します。ウエストマークが着痩せのポイント。また、小物もレザー素材など辛口寄りのアイテムでまとめると一層クールに仕上がります。

 

 

 

|“グリーン系カラー”はきれいめシルエットを選ぶのが正解

 

今シーズン大人気の“グリーン系カラー”ですが、カジュアル寄りの着こなしでもきちんと感を醸すシルエットのアイテム選びが旬に見せるポイントです。ほんのり強めの色味のグリーンなら、よりIラインを強調できるセンタープレス入りのパンツを選びましょう。

 

出典:WEAR

 

少しフレア気味のラインのシルエットのアイテムなら、身長に関係なく全身のバランスが取りやすくなります。カジュアルスタイルも落ち着くのある印象にまとまるのも魅力です。

 

今シーズンの注目アイテムでもある「フォトT」と組み合わせるなら、ほんのりくすみ感のあるピスタチオカラーがイチオシ。センタープレス入りを選んでノスタルジックに着こなせば、自然と旬な雰囲気を醸せます。

 

出典:WEAR

 

また、ラフな着こなしだからこそクリア素材のバッグや厚底サンダルなど旬な小物を詰め込むのも一手。くどさを感じさせないこなれた雰囲気でまとまります。

 

 

きれい色パンツをコーデに採り入れるのは難しいイメージもありますが、今回紹介したポイントを押さえればあれこれ考えなくてもシンプルにお洒落コーデを愉しめるはず。ぜひ参考に旬な着こなしを愉しんでくださいね。<text:Chami top image出典:WEAR


border