what's cool最旬トレンドコラム

大腸から免疫力UP!ビフィズス菌と一緒に「ビフィズス菌を元気にする食材」を摂る簡単レシピ

Twitter
LINEで送る

ウイルス感染対策への意識は非常に高くなっていますが、冬は様々なウイルスの感染率が高くなる季節とされているので、どんな感染対策をしていても安心とは言い切れません。そこで今回は近年の研究で免疫に大きく関わりがあることがわかってきた腸内細菌が棲む「大腸」から免疫力を高めるレシピを紹介します。

 

 

 

|ビフィズス菌が作る「短鎖脂肪酸」が免疫抗体産生を促す

 

腸内には「およそ1000種類、40兆個もの腸内細菌が棲んでいる」と言われていますが、実はこの腸内細菌は酸素があると生きられないものが多く、大部分は酸素が少ない「大腸」に棲んでいます。そんな腸内細菌の中でも、体に有益な働きをしてくれる善玉菌の代表が「乳酸菌」と「ビフィズス菌」とされ、大腸に多く棲んでいるのが「ビフィズス菌」です。

 

「ビフィズス菌」は小腸で消化されない水溶性食物繊維やオリゴ糖といったエサを食べて「短鎖脂肪酸」を作ります(乳酸菌は「短鎖脂肪酸」を作りません)。この「短鎖脂肪酸」は免疫細胞を活性化させ、腸の粘膜で作られる免疫物質「IgA抗体」の産生を促進。そして、この「IgA抗体」が血管から全身を巡って様々なウイルスの体内侵入を防ぎ、感染症予防に大きく貢献するのです。つまり、「ビフィズス菌」と一緒に「エサ(ビフィズス菌を元気にする食材)」を摂って大腸で「短鎖脂肪酸」を出すことが免疫力を高めるための大切なポイントと言えます。

 

 

 

|大腸から免疫力UPを促す簡単レシピ2種

 

それでは医師で健康ソムリエの石原新菜先生(以下、石原先生)監修のもと、栄養士の若宮寿子先生が開発した2つのレシピを紹介します。いずれも「ビフィズス菌」を手軽に摂れるヨーグルトと「エサ(ビフィズス菌を元気にする食材)」となる食材を組み合わせたものとなっているので、大腸から免疫力UPを促してくれます。

 

 

A. 根菜のスパイシーヨーグルトソース

 

 

ビフィズス菌(ビフィズス菌入りヨーグルト)とビフィズス菌を元気にする食材(根菜・生姜)を一緒に摂れるホットサラダです。

 

 

|材料| 2人分

 

かぶ…1個(120g) にんじん…60g ごぼう…60g ブロッコリー…50g

 

<スパイシーヨーグルトソース>

ビフィズス菌入りヨーグルト…100g

(A)生姜(みじん切り) …10g ニンニク(みじん切り)…2g みりん…大さじ1

(B)顆粒コンソメ…小さじ1 マヨネーズ…20g カレー粉…小さじ1

 

 

|作り方|

 

(1)かぶを葉の付け根を少し残し皮をむき6等分のくし形に切って、にんじんを厚さ5mmの斜め切りに、ごぼうを小さめの乱切りにする

 

(2)耐熱皿に(1)を盛り、ラップをかけて電子レンジ(600w)で6分加熱する

 

(3)ブロッコリーは小房に分け、ラップで軽く包み電子レンジ(600w)で1分加熱する

 

(4)耐熱ボウルに(A)を入れ電子レンジ(600w)で40秒加熱し、(B)とビフィズス菌入りヨーグルトとよく混ぜ合わせる

 

(5)(2)と(3)を皿に盛り合わせ(4)のソースを添えて出来上がり

 

 

B.サーモンの味噌ヨーグルトソース

 

 

ビフィズス菌(ビフィズス菌入りヨーグルト)とビフィズス菌を元気にする食材(なめこ)を合わせたソースに、魚の中でもビタミンD含有量がトップクラスのサーモンを合わせたレシピです。

 

 

|材料| 2人分

 

サーモンの切り身…2切れ 塩、こしょう…各少々 小麦粉…適量 オリーブ油…大さじ1

 

<味噌ヨーグルトソース>

ビフィズス菌入りヨーグルト…100g なめこ…15g パセリ(みじん切り)…少々

(A)薄口しょうゆ…小さじ2/5 水…小さじ1

(B)味噌(信州味噌)…小さじ1 塩、こしょう…各少々

 

<付け合わせ>

ベビーリーフ…適量 ミニトマト…4個

 

 

|作り方|

 

(1)サーモンの両面に塩、こしょうを振って10分おき、小麦粉を全体にまぶす

 

(2)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、(1)のサーモンを両面こんがり焼く

 

(3)耐熱容器になめこと(A)を入れ電子レンジ(600w)で40秒加熱する

 

(4)ボウルにビフィズス菌入りヨーグルト、(B)、(3)の煮汁を入れてよく混ぜる

 

(5)皿に(2)のサーモンを盛って(4)のソースをかけ、(3)のなめことパセリを散らし、ベビーリーフとミニトマトを添えて出来上がり

 

 

「ビフィズス菌」と「エサ(ビフィズス菌を元気にする食材)」をセットで摂ることで大腸で「短鎖脂肪酸」の産生が促され、免疫物質「IgA」の産生量を増やすことができます。また、石原先生によれば、「様々な食材から栄養を摂ることで腸内細菌の多様性が高まり、腸内環境のバランスが良くなる」そうです。ぜひ食卓に採り入れてみてくださいね。


border