dietダイエット

ダイエット成功で体重61kg→44kgに。太りやすい体質でも【減量&体型キープ】を叶えるコツ

Twitter
LINEで送る

体型キープをしていく上で大切なのは、常に“生活習慣をコントロール”することになります。そこで参考にしたいのが、61kg→44kgのダイエットに成功した韓国のアイドル、キム・ヒョナが実践する体型&体重キープを叶えるコツ。「太りやすい体質」と公言するヒョナですがどのようなことを実践しているのでしょうか?

 

 

 

太りやすい体質でも減量&体型キープするコツ(1)小麦食品を摂取しない&食事の量と時間をコントロール

 

ヒョナの食事管理の内容はいたってシンプル。ズバリ「小麦食品を極力摂らない」ことになります。その理由は、パン等の小麦食品に含まれるグルテンが食欲を増進させてしまうからとのこと。

 

 

実際ヒョナの食生活はパンやパスタ、ラーメンといった高カロリーな食品を避け、お米を主食にするのが基本だそうです。しかし、小麦食品を極力摂らない反面、それ以外は食べたいものを食べてストレスを溜めないようにしているそうで、実際ダイエット期間中も「トッポギ(韓国のお餅を甘辛いソースで煮たもの)や天ぷらを食べていた」とインタビューで明かしています。

 

ただし、「食べる量をコントロールすること」、「日が昇っているうちに食べ終わること」を心がけ、空腹感によるドカ食いを防止するために「1日の食事を数回に分けて摂ること」を習慣にすることで、1度の食事量も自然と減らし、間食を減らしていることも明かしています。

 

 

 

太りやすい体質でも減量&体型キープするコツ(2)日常生活の中で小まめに運動する

 

日々の激しいダンスの練習で相当なカロリーを消費しているヒョナですが、「日常生活の中でも小まめな運動を心がける」ことも大切しているそう。その内容はとってもシンプルで「エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う」というものです。

 

 

「それだけ?」と思いがちですが、オフィスやデパート等で真面目に実践すればかなりの運動量になりますし、全身の筋肉の70%があるといわれる下半身の強化につながるので、代謝の良い体作りも可能になるというメリットもあります。

 

 

このように普段からきちんと節制することが体重と体型のキープにつながっていることがよくわかります。ヒョナの実践しているルールは即真似できるものなので早速採り入れてみてくださいね。


border