beautyビューティー

太脚の原因“内もも”に効く。ムチっと感のない【ほっそり太もも】に導く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

春になると脚のラインが出やすいデザインや素材のボトムスを履く機会が増えてきますが、お洒落に履きこなすポイントは太もものムチっと感が出ないことが大事。そこで日々のボディメイク習慣の1つに採り入れたいのが、太脚に見える原因となる“内もも”にアプローチできる簡単ストレッチです。

 

 

 

【内転筋ストレッチ】

 

日常生活で意識してあまり使うことのない太もも内側の「内転筋」の柔軟性を高めるストレッチで、内ももの引き締めに効果を発揮します。

 

 

(1)床に膝立ちして片方の脚を前方に出し、もう片方の脚を後方に下げる

 

 

▲このとき、後ろ側の脚をできるだけ後方へ下げます

 

 

(2)そのまま上半身を前傾させていき、肘をついてゆっくり呼吸しながら30秒間キープする

 

▲姿勢キープ時は前方に出した脚の内側が伸びていることを意識しましょう

 

 

これを左右交互に“1日あたり各3回を目標”に行ってください。なお、カラダが硬くて肘を着けない方は、手の平を着く形でOKです。また、逆にカラダが柔らかい方やストレッチ効果を感じにくい方は、前に出した脚に外方向へひねるを加えると、よりストレッチ効果を得られます。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが、実践し続けていくと太ももの内側の筋肉が伸びて、股関節周辺まで動きが良くなるのを実感できるようになります。ぜひ太もものムチっと感に悩まされることのないほっそり太もも作りに役立ててみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border