beautyビューティー

老け見え“おデブ体型”を回避。姿勢を改善しつつ【全身の贅肉落とし】が叶う簡単習慣

Twitter
LINEで送る

背中の丸まった姿勢は美しく見えないだけでなく、おデブ感を高めてしまい、老け見えにまでつながってしまうもの。しかも、贅肉もつきやすくなる悪循環まで加速してしまいます。そんな負のスパイラルをすぐに止めるべく習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【リバースプランク】です。

 

 

 

【リバースプランク】

 

プランクと言えば、腹筋や体幹を鍛える「フロントプランク」が有名ですが、リバースプランクはそのフロントプランクを逆の姿勢で行うものになります。お尻の位置を下げないように「脊柱起立筋」を主に使うのが特徴で、太ももの裏や二の腕などの筋肉も強化でき、全身の贅肉落としや代謝UPに効果を期待できます。

 

 

(1)両脚を伸ばして床に座って手を肩の真下に置き、脚の間を拳1個分空ける

 

▲手の指先は下半身の方向に向け、足のつま先はリラックスして自然な状態に。さらにお腹に力を入れて凹ませます

 

 

(2)一旦息を吸い、息を吐きながらつま先を伸ばして全身を持ち上げていき、肩からつま先まで一直線になったら10秒間キープして(1)の姿勢に戻る

 

▲かかとで床を押しながら全身を持ち上げていきます

 

 

これを“1日あたり10回を目標”に行います。なお、実践中にお尻の位置が下がってきてしまいやすいのですが、お尻の位置を下げてしまうと筋肉を強化する効果が下がってしまうので注意してください。また、きちんと脇を締めた状態で行うのもポイントです。

 

 

姿勢の改善はもちろん、全身の贅肉落としや代謝UPなどダイエットの大きな味方となる【リバースプランク】。老け見えしない細ボディを手に入れるためにもぜひ習慣的に実践していきましょうね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border