beautyビューティー

お腹に乗った贅肉が凹む!寝転んだままできて効果絶大【ウエスト引き締め】簡単習慣

Twitter
LINEで送る

服で隠しやすいこともあって、つい脂肪を溜め込みがちなお腹周り。でも、最も贅肉が付きやすいパーツだからこそ、きちんとウエスト周りを引き締める運動を習慣にしていきたいものです。そこでオススメが、寝転んだままできて効果絶大と評判の簡単ヨガポーズ【アナンターサナ(横向きの脚上げ)】になります。

 

 

 

【アナンターサナ(横向きの脚上げ)】

 

横向けに寝て脚を上げるだけとシンプルなポーズですが、お腹の引き締め効果、体側のストレッチ効果を得られる優秀ポーズです。また、股関節周りや脚のストレッチにもなるので、下半身の引き締めにも効果を期待できます。

 

 

(1)床の上に横向に寝て肘を立てる

 

 

 

(2)足の指が天井を向くようにしして、上側の脚を上げていく

 

 

 

(3)上側の腕も上げて足の親指を掴み、手で脚を頭側に近づけるようにしてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

 

 

 

反対側も同様に行います。なお、足の指を掴みづらい方は、ふくらはぎを持ちながら行ってみてください(下写真)。

 

 

期待する効果をしっかり得るためには体幹に効かせることがポイント。「床についている肘側の肩と首がきちんと離れていること」を意識しましょう。逆に床についている肘側の肩と首がくっついてしまう(下写真)と腕に重心がかかってしまってお腹に効かなくなってしまいます。

 

 

また、最初はグラグラするかもしれませんが、「常にお腹に力を入れて腰を引き寄せることでバランスを安定させていくこと」も大切です。さらに、このポーズができるようになってきたら応用編(下写真)にもトライしてみてください。

 

▲上側の脚だけでなく、下側の脚を一緒に上げてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープ

 

お腹の引き締め効果だけでなく、くびれ作りに効果を発揮してくれます。

 

 

腹筋に必要なお腹のストレッチと引き締めを一気に行え、しかも寝転がったままできるので、気づいた時に行って、誰もが羨むスッキリお腹を手に入れてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ヨガ監修:Minami(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border