columnコラム

日焼け対策が叶う2019夏の狙い目アイテム

出典:WEAR

いま【夏の日焼け対策】に買うならコレ。トレンドを抑えた“狙い目アイテム”をチェック

Twitter
LINEで送る

紫外線が強くなり、日焼けが気になる季節がやってきました。紫外線から肌をきちんとカバーしたいところですが、単に重ね着するだけだと暑いのが困るところ。そこで紫外線を防ぎつつ秋口までロングシーズン着回せる「今買って、長く使える」狙い目アイテムをチェックしてみましょう。

 

 

 

|冷房対策にも活躍する“アンサンブル”

 

ノースリーブやキャミソールとカーディガンが一体になった“アンサンブル”は冷房対策はもちろん日焼け対策にもオススメです。

 

出典:WEAR

 

シアーなラメが入ったグレーのアンサンブルなら光沢感控えめでオフィスコーデにも着回しが可能。夏らしい爽やかさを演出できます。カーディガンを肩掛けにすれば抜け感のあるフェミニンな着こなしに。真夏はリネンなど軽い素材と組み合わせ、夏の終わりには黒やネイビーなどの重めカラーと組み合わせると季節感も引き立ちます。

 

 

ガーリーな雰囲気のあるケーブルニットのアンサンブルはロングシーズン活躍してくれる優秀アイテムです。

 

出典:WEAR

 

ショート丈のノースリーブになると一気に洗練された印象に。ピンタック入りのシャープなパンツに合わせると、甘さが控えめになりグッと大人っぽい着こなしに仕上がります。カーデのボタンをしっかり閉めれば秋まで長く着回しできるのも魅力です。

 

 

 

|気になる足の日焼けを防ぐ“ロングスカート”

 

軽やかな印象のフレアシルエットの“ロングスカート”は夏場にも使えますが、いざ購入するときは色味にこだわるのがポイントです。

 

出典:WEAR

 

清涼感のあるスラブ素材のスカートは、鮮やかすぎない少々落ち着いた色味が◎ 糸のムラ感がヴィンテージっぽさを醸し出してくれるので、合わせるならほっこりした素材のアイテムがオススメです。夏場はワッフル素材で、秋口はニット素材でと季節感を取り入れながらロングシーズン活用できます。

 

 

春夏に人気のチュールスカートも、ブラウンカラーならシーズンレスなアイテムに早変わり。ぐっとこなれた着こなしに仕上がります。

 

出典:WEAR

 

暑い時期ならサイドスリットプルオーバーとの合わせがオススメ。また、かごバッグやサンダルなど配色にグラデーションの生まれるアイテムを合わせると、より落ち着き感のある大人カジュアルに仕上がります。

 

 

 

|素材感で夏らしさを演出してくれる“リネンジャケット”

 

軽やかなリネン素材のジャケットは暑い時期にもさらりと羽織ることができるのはもちろん、秋口のライトアウターとしても幅広く活用できます。

 

出典:WEAR

 

ざっくりと仕立てられたリネンジャケットは、夏場でもカッチリ感を出したいときに便利。オフィスコーデはもちろん、ワンピースやデニムと組み合わせるのもオススメです。また、オーバーサイズの長め着丈を選べば、羽織るだけで今っぽコーデに仕上がります。

 

 

抜け感のあるオンナ度高めの着こなしを愉しむならベージュカラーのリネンジャケットを。

 

出典:WEAR

 

シアーなチュールスカートを合わせれば涼しげなフェミニンスタイルに仕上がります。また、パールのアクセをプラスしてもジャケットなら程良いきちんと感が生まれるのも嬉しいポイント。遊び心のあるワンショルダーのインナーやラウンド型のクリアバッグなどをプラスしてお洒落度をグッと引き立てましょう。

 

 

夏らしい爽やかさがキープしつつ、程良く肌の露出をカバーして日焼けを防げるアイテムは、冷房対策も気になるオフィスコーデに大活躍間違いなし。まさに今「何を買おうか?」迷っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。


border