make upメイク

出典:DHOLIC

スッキリ小顔な印象に。明暗2色のコンシーラーで簡単【むくみ解消メイク】

Twitter
LINEで送る

「小顔になりたい!」とダイエットやマッサージに取り組んでいても、常に悩みとして付きまとうのが顔の“むくみ”。そんな「今すぐ顔のむくみを解消させたい!」という方にオススメが、明暗2色のコンシーラー(シェーディング&ハイライト)を織り交ぜた簡単メイク法です。早速やり方をチェックしてみてください。

 

 

(1) おでこに縦長の逆三角形でハイライトを入れる

 

明るめのコンシーラー(ハイライト)をおでこの中央に縦長の逆三角形にのせます。

 

▲両眉頭の間から上に行くほど広がる逆三角形を描くことで、おでこを縦に長く見せる効果が得られ、横に広がった顔がシュッと引き締まった印象に

 

 

(2) 眉頭から鼻先までハイライトをのせて鼻筋を通す

 

明るめのコンシーラー(ハイライト)を眉頭から鼻先までのせます。なお、のせる鼻筋の横幅は自分の鼻に合わせて調節しましょう。

 

▲ハイライトを入れる目安は鼻筋が細い人は太く、太い人は細く

 

 

(3)あごと上唇の山に逆三角形のハイライトを入れる

 

あごにも、明るめのコンシーラー(ハイライト)おでこと同様にあごの先端に近いほど鋭くなる逆三角形でのせます。

 

▲上唇の山にも上写真のように逆三角形を描くようにのせます

 

 

(4)頬に逆三角形のハイライトを入れる

 

目の下の部分に、眉尻からあごの先端まで引いた線の外側にあまりはみ出さないように、明るめのコンシーラー(ハイライト)を縦長の逆三角形でのせます。

 

▲線から外側に大きくはみ出ると顔が左右にもっと大きく見えてしまうので注意してください

 

 

(5)フェイスラインにシェーディングを入れる

 

暗めのコンシーラー(シェーディング)をこめかみからあごの先端まで垂直に近いイメージでのせます。

 

▲垂直に近づけるほど顔がより細くシャープに。なお、のせる領域が太くならないように注意しましょう

 

 

(6)こめかみ・おでこ上部の生え際にシャーディングをのせる

 

左右のこめかみとおでこ上部の生え際の3ヶ所に暗めのコンシーラー(シェーディング)をのせます。

 

▲3カ所にシェーディングを入れることで(1)のハイライト部分がより目立ち、おでこにボリューム感が出ます

 

 

(7)各所に入れたハイライトをのばす

 

(1)でおでこにのせた明るめコンシーラー(ハイライト)は、スポンジでトントンとたたくようにのばしていきます。

 

 

(2)で鼻筋にのせた明るめコンシーラー(ハイライト)を上から下へとゆっくりトントンたたきながら境目をぼかすします

 

 

(3)であごにのせた明るめコンシーラー(ハイライト)も逆三角形を崩さないように注意しながら軽くたたくようにのばします。

 

 

(4)で両頬にのせた明るめコンシーラー(ハイライト)も逆三角形を崩さないように注意して軽く跳ねるようにたたいて境目をぼかします

 

 

 

(8)各所に入れたシェーディングをのばす

 

(5)であごのラインに長くのせた暗めコンシーラー(シェーディング)をスポンジで顔の内側から外側へポンポンとたたいて顔の外側に向かってのばします。

 

 

(6)でおでこやこめかみにのせた暗めコンシーラー(シェーディング)は、スポンジで左右に軽く馴染ませて境目をぼかします。

 

 

以上で完成です。むくみで横に膨張した顔をシャープに見せるには、ハイライトを縦に長く入れることがポイント。なかなか取れないむくみ対策として、急なデートやパーティーなどで活用してみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ) top image出典:DHOLIC


border