beautyビューティー

ダイエット効果の出やすい体へ!毎日1セット【くびれ×腹筋の薄いお腹】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

高い気温、室内外の温度差、冷房による冷えなど、この時期は自律神経が乱れやすく、痩せにくい状態に陥りがち。そんな自律神経の乱れを整えるべく習慣に採り入れたいのが、体幹やお腹周りの筋肉の引き締め効果も期待できるヨガの簡単ポーズ【ウォーリア2】です。

 

 

 

【ウォーリア2】

 

くびれや腹筋のキレイなライン作りに、さらには下半身の引き締めまで効果を期待できるポーズで、習慣化することでオンナらしいしなやかなボディラインへ導いてくれます。

 

 

(1)直立の姿勢から左脚を思いきり後ろに開き、後ろ脚で姿勢を支えるようにかかとを横にして、そのまま上半身を左に90度ねじる

 

(2)両腕を肩の位置まで上げ、右ひざを直角になるまで曲げて右側に体重移動をしてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

 

(3)キープが終わったら脚の位置はそのままで一旦両腕を下ろし、再び両腕を肩の位置まであげ、左ひざを直角になるまで曲げて左側に体重移動をしてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

 

 

なお、期待する効果をきちんと得るためには「お尻を後ろに突き出さないように姿勢をキープする」ことがポイント。膝が前に出過ぎて体の軸が傾いた状態(下写真)はNG。体の軸を床に対して常に垂直をキープすることを心がけましょう。

 

 

リラックス効果も高い【ウォーリア2】は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがオススメ。実践し続けることでお腹周りの引き締めだけでなく肩周りや股関節周りの柔軟性も高まるので、よりダイエット効果の出やすい体へと変化していきます。ぜひ日々の習慣にしてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border