make upメイク

うるっと輝く印象的な目元に【涙袋メイク】に最適なリキッドアイシャドウは?

Twitter
LINEで送る

まるで韓国アイドルのようなうるっと輝く印象的な目元を作るには、ラメやパールをふんだんに含んだアイシャドウが必須アイテム。中でも、密着感と濡れ感が特徴的なリキッドアイシャドウは崩れやすい【涙袋メイク】に最適です。そこで今回は、プチプラでおすすめのリキッドアイシャドウ3種を紹介します。

 

 

 

|初心者さん&ナチュラルメイク派さんにおすすめのリキッドアイシャドウは?

 

リキッドアイシャドウ初心者さんとナチュラルメイク派さんにおすすめのリキッドアイシャドウがキャンメイクの「ライティングリキッドアイズ」。主張しすぎない自然なパール感と発色で、涙袋に光を取り込みます。

 

▲キャンメイク ライティングリキッドアイズ 全2色 各¥600(税抜)

 

ベージュゴールド系カラー、ピンクパール系カラーの2色展開で、どちらも肌馴染み抜群。涙袋専用アイテムなので、チップが小さめで細かく涙袋にのせることができます。簡単にぷっくりとした涙袋に仕上がるのが何と言っても魅力です。

 

 

 

|韓国アイドルのようなキラっと輝く目元に仕上げたい方におすすめのリキッドアイシャドウは?

 

韓国アイドルのステージメイクのようなキラっと輝く目元に仕上げたい方には、HOLIKA HOLIKA(ホリカホリカ)の「アイメタルグリッター」&3CE(スリーコンセプトアイズ)の「アイスイッチ」がおすすめ。どちらも大粒のグリッターラメがたっぷり含まれたリキッドアイシャドウで、涙袋にワンポイントとして乗せるだけで華やかで大胆な目元に仕上がります。

 

▲キャンメイク「ライティングリキッドアイズ」、HOLIKA HOLIKA「アイメタルグリッター」、3CEの「アイスイッチ」の発色を比較

 

HOLIKA HOLIKAの「アイメタルグリッター」は4色展開。いずれもベースカラーがしっかり出るので、アイシャドウを塗らずとも下まぶたメイクが完成する優れものです。一方、3CEの「アイスイッチ」は3色展開。ベースカラーはなく多色ラメがふんだんに含まれているため、イベント時などより派手めに仕上たいときにおすすめです。特に3CEは筆が細く弾力のあるアプリケーターなので、下まぶたのキワなどより細かく塗ることができます。

 

 

うるんだ目元作りにはもちろん、デカ目効果も望める涙袋メイクは、マスク着用が当たり前となった昨今、特に力を入れたいところ。ラメやパールが特徴的なリキッドアイシャドウで、理想のうるっと輝く印象的な目元を手に入れてくださいね。<text&photo:Ruka Suzuki>


border