beautyビューティー

らくらく開脚できる体へ◎ 股関節の柔軟性UP【痩せやすい下半身】へ導く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

座っている時間が長くなる程、疲労感の蓄積が原因で股関節周りが固まってしまうもの。また、股関節が固いままだと骨盤の歪み、姿勢の悪化、代謝の低下も起きてしまい、下半身がより痩せにくい状態になってしまいます。そんな悪循環を断ち切るべく習慣に採り入れたいのが、股関節の柔軟性UPに役立つ【大腿筋膜張筋ストレッチ】です。

 

 

 

【大腿筋膜張筋ストレッチ】

 

骨盤を安定させ、歩く時に脚をサポートしている「大腿筋膜張筋」にアプローチするストレッチで、股関節周りの柔軟性UPの他、太ももの引き締めやO脚予防に効果を期待できます。

 

 

(1)床に座ってひざを曲げた状態で脚を肩幅よりも広めに開く

 

(2)体の後ろ側に両手をつき、お尻が浮かないように注意しながら片方の脚のひざを内側に倒して5秒間キープ、その後逆側の脚のひざを内側に倒して5秒間キープする

 

 

(2)を“1日あたり左右各5回を目安”に繰り返し実践します。また、脚の動かしている間は深く呼吸をしながら行うととても効果的です。なお、期待する効果をしっかり得るためには「坐骨(お尻)を常に床に着けた状態で行うこと」がポイント。坐骨(お尻)が床から浮いてる状態(下写真)で実践しても、効果を得られない上に体を痛める原因にもなるので注意しましょう。

 

▲ひざを倒すときにお尻が浮いてしまうとストレッチ効果は得られません

 

大腿筋膜張筋ぼ柔軟性が高まることで股関節周りも柔軟性UP。むくみ対策にも効果的です。ぜひ1日の終わりにリラックスしながら実践して痩せやすい下半身をキープしていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border