beautyビューティー

第一印象UPの鍵“肩の姿勢”が整う。首元ほっそり【痩せ見えする体】に導く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

スマホの使用やパソコンでのデスクワークなどの影響で肩が前側にずれて内側にねじれた“巻き肩”と呼ばれる姿勢になってしまっている方は少なくないと思います。この姿勢がクセ付くと姿勢が悪化するだけでなく、首が短く詰まった印象になったり、首や肩がこりやすくなったり、むくんで大顏な印象になったり、バストの位置が下がったりと第一印象の低下につながりかねません。そこで習慣に採り入れたいのが、「烏口腕筋」、「小胸筋」、「上腕二頭筋」の3つの筋肉にアプローチして“肩の姿勢”を整える簡単なストレッチ法です。

 

 

 

【烏口腕筋&小胸筋&上腕二頭筋ストレッチ】

 

(1)ベッドやソファを背にして、背筋を真っ直ぐ伸ばして座る

 

 

 

(2)両腕をベッドやソファの上に置くように後ろに伸ばし、ゆっくりと息を吐きながら30秒間キープする

 

▲両腕同時に行うのがキツい方は片腕ずつ行ってください

 

 

これを“1日あたり3回を目安”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためにはキープ時にお尻が前に出て背中が反った状態(下写真)になってしまうのはNG。

 

 

実践中は「常に背筋真っ直ぐをキープする」ことを心がけ、お尻の位置が前にずれないように気を付けましょう。また、片腕ずつ行う方は体が斜めや横に向かないようにも注意してください。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが、続けていくと胸や肩周りの筋肉の動きが軽くなり、肩を開いた姿勢をキープしやすくなるのを実感できます。華奢見えする上半身を手に入れて第一印象UPにつなげるためにも、ぜひ入浴後や寝る前の習慣に取り入れてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border