skin careスキンケア

夏が来てからでは手遅れ。白肌キープのために今すぐ始めるべき【簡単UVケア習慣】4つ

Twitter
LINEで送る

“色の白いは七難隠す”ということわざもあるように、透き通るような白肌はそれだけで美人度を数倍にも引き上げてくれるもの。ところが、そんな白肌をキープするために紫外線が最も強くなるイメージのある夏が来てからお手入れに本腰を入れても、「紫外線対策をしたのになぜか肌が焼けてしまっている…」という残念な結果が待っています。そこで今回は白肌をキープするために今すぐ始めるべき【UVケア習慣】をチェックしてみましょう。

 

 

(1)顔の日焼け止めは1年365日塗る

 

顔の日焼け止めに関しては、夏だけではなく1年通して毎日塗り続けることがとても大切です。特に冬〜春は油断しがちですが、4月に入ると紫外線が本格的に強くなり出すものと心得て、首やデコルテも忘れず春先から入念に塗りましょう。

 

 

(2)ビタミンCを積極的に摂る

 

美肌のポイントとなるコラーゲンを生成したり、肌のターンオーバーを整える作用があったりと紫外線に負けない美肌の土台づくりに欠かせない栄養素であるビタミンCを積極的に摂取することも大切です。ただし、レモン、みかん、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系のフルーツは紫外線を浴びる前に摂取すると肌が紫外線を吸収しやすい状態へ導いてしまうとされているので注意しましょう。

 

 

(3)カフェインを摂りすぎない

 

日々何気なく口にしている食べ物や飲み物にも、実は紫外線対策を半減させてしまうようなものがあります。例えば、コーヒーなどに含まれるカフェインは血行の悪化や肌のターンオーバーの乱れの原因となることがあり、シミの原因の1つになると言われています。特に紫外線が強まってくる春先からはカフェインの摂りすぎにも注意が必要です。

 

 

(4)睡眠をしっかりとる

 

睡眠をしっかりとることも白肌キープに欠かせない習慣の1つ。特に“ゴールデンタイム”と言われる22時〜2時の間に深い睡眠状態に入っていることは肌の再生や皮膚の回復を促す点においても非常に重要です。ぜひ夜更かししたり、ベッドの中でスマホをいじったりをやめて、早寝に徹するようにしましょう。

 

 

このように毎日のちょっとした習慣の積み重ねが白肌キープの上で大切です。夏を迎えてから焦ることがないよう、今から早速取り組んでいきましょうね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border