make upメイク

目鼻立ちクッキリ×顔に立体感【眉メイク】でモテ顔を演出するプロのテク

Twitter
LINEで送る

立体感に乏しい顔立ちのせいか、しっかりメイクをしたつもりでも「全体の印象がぼんやりしてしまう」とお悩みの方は少なくないと思います。そこでトライしたいのが、メイクのプロ達が実践している【眉メイク】で目鼻立ちをよりクッキリさせ、立体顔にブラッシュアップさせるための簡単テクです。それでは、人気ヘアメイクアーティスト・岩下倫之さん(以下、岩下さん)にポイントを解説してもらいます。

 

▶︎可愛くor大人っぽくの鍵は“眉の長さ”に。第一印象が変わる【眉メイク】鉄板メソッド

 

▶︎プロ直伝!第一印象が変わる【自眉を活かす眉の整え方】

 

 

眉メイクで顔の立体感を演出するプロのテク=眉を“いつもより下位置”に=

 

「眉と目の間が狭いほど顔の立体感が増します」と岩下さん。そこで、眉が“いつもより下位置”になるようにメイクしていきます。

 

 

(1)眉の中心線を決める

 

 

眉の骨組みを作るようなイメージでリキッドタイプのアイブロウペンシルで中心線を描きます。

 

 

(2)コンシーラーで眉上と眉尻を消す

 

▲特に眉上の毛がしっかり生えている人は、毛があることで全体の輪郭がボヤけて見えるのでコンシーラーでしっかり消しましょう

 

コンシーラーを使用して眉上と眉尻を消していきます。なお、この時に使うコンシーラーはリキッドタイプやペンシルタイプよりも、よりカバー力があるクリーム系など堅めのテクスチャーのものを選びましょう。消したい部分をよりしっかりカバーできます。

 

 

(3)眉の上下から、リキッドタイプのアイブロウペンシルで眉のスキマが空いて目立つところに1本1本描き足していく

 

▲眉毛を書き足す際は、毛のあるところは「書き足さなくてOK」です

 

眉にスキマが空いて目立つところに、下側から眉毛を1本1本描き足していき(ピンク色矢印)、続いて上側からも眉毛を1本1本描き足していきます(水色矢印)。上下から書き足した眉毛が重なり合った部分<(1)で描いた眉の中心線>が一番濃くなるように注意して描き足しましょう。

 

 

(4)アイブロウパウダーでぼかす

 

 

仕上げに眉を上からなぞるようにアイブロウパウダーで全体をぼかして馴染ませます。

 

 

以上で完成です! 仕上がりを普段の位置の眉と比較してみましょう。

 

▲左:普段の位置の眉、右が普段よりも位置を下げた眉。目鼻立ちがクッキリして顔に立体感をプラスできました

 

このように眉をいつもより下位置に描くだけで自然と立体感が生まれて目力も高まります。印象チェンジにも最適なので、ぜひトライしてみてくださいね。<text:MMZK  photo:本城直季(Naoki Honjo) ヘアメイク監修:岩下倫之(Tomoyuki Iwashita) model:磯村ありさ(Arisa Isomura)>


border