make upメイク

美人見えする眉メイクのキホン。第一印象が変わる【自眉を活かす眉の整え方】

Twitter
LINEで送る

アイメイクやリップよりも第一印象を大きく左右する眉。でも、いつも同じ眉メイクをしていたり、そもそも正しい眉の整え方を知らない人も意外と少なくないと思います。簡単なテクニックさえマスターすれば眉メイクの幅もグッと広がるもの。そこで今回、確かなセンスでモデルやタレントから高い支持を得ている人気ヘアメイクアーティスト・岩下倫之さんに、眉の整え方や印象が激変する“自眉を活かす”眉メイクのコツを伝授してもらいます。

 

 

(1)スクリューブラシで毛流れを整える

 

 

まず眉毛に沿ってスクリューブラシを動かして毛流れを整えた後、眉毛にスクリューブラシを当てたまま、毛流れとは逆方向にグッと力を入れます。

 

 

(2)余分な毛をハサミでカットする

 

 

その状態のまま、くるっとブラシを外側に回すと余分な毛がはみ出るように立ち上がります。そのはみ出た長い毛をハサミでカット。この一手間でうっかり必要な毛まで切ってしまった!ということもなくなります。

 

 

(3)シェーバーでトリミングする

 

 

最後に片手で眉上を少し引っ張りながら眉下の余分な毛をシェーバーを使用して毛流れと逆方向にトリミングします。

 

▲仕上りがこちら

 

できるだけ自眉を活かしたアイブロウメイクが最近のトレンドなので、まず眉メイクをする前に自分の眉を正しく整えることが大切。プロ直伝のメソッドを参考に、美人見えする眉のベースを作ってみてください。<text:MMZK  photo:本城直季(Naoki Honjo) ヘアメイク監修:岩下倫之(Tomoyuki Iwashita) model:磯村ありさ(Arisa Isomura)>


border