dietダイエット

自然にマイナス3kgが目指せる。管理栄養士が伝授【簡単リセットダイエット】のコツ

Twitter
LINEで送る

パーティーや飲み会が重なる年末年始の予定も一段落したこの時期、「本気で体重を落とさないと!」と考え始めている方は少なくないでしょう。そこでオススメなのが、食生活を少し変えて自然に食べ過ぎた分をリセットするダイエット。そこで管理栄養士の道江美貴子さん(以下、道江さん)に「リセットダイエット」を成功に導くコツを教えてもらいました。

 

 

 

|積極的に取りたい!リセットダイエットにオススメの食材3つ

 

道江さんによれば「食べ過ぎた身体をリセットしていくためには体内デトックスが必須。そのためには食物繊維を積極的に摂って腸の働きを整えるなど、食生活の見直しが大事」なのだそうです。道江さんが教えてくれたオススメの食材が下記3つになります。

 

(1)野菜

野菜は食物繊維が多く含まれているだけでなく、カロリーの低い食材が多いのも嬉しいポイント。道江さんによれば、「どんな野菜でも良いので、積極的に摂ることが大事」だそうです。また、野菜を一番初めに食べる“野菜ファースト”で血糖値の急上昇を抑えることで、食べ過ぎの予防にもつながります。

 

(2)肉、魚、大豆食品などタンパク質を多く含む食材

たんぱく質を多く含む食材は「エネルギー消費に必要不可欠なビタミンB群も含むことが多い」と道江さん。また、たんぱく質は筋肉やコラーゲンの生成にも役立つので、美容や健康のためにも肉類、魚類、大豆類をよく食べるようにしましょう。

 

(3)きのこ類、こんにゃく類

「ほぼカロリーゼロと言われるきのこ類、こんにゃく類もオススメ」と道江さん、カロリーを気にせずに食べられ、食べ応えもあって満足感も得られるので、リセットダイエットには欠かせないと言えます。

 

 

 

|超簡単!オススメ食材で作る「リセットダイエット」レシピ

 

リセットダイエットにオススメの食材はわかりましたが、続いて気になるのはその食材をどうやって食べるかです。道江さんによれば、「この時期簡単なのはやっぱり鍋料理。野菜をたっぷり入れ、お肉やお魚、豆腐、きのこ、こんにゃくなどを入れれば、それだけでデトックスメニューになります」とのこと。

 

 

ただし気をつけたいのが、鶏肉の場合は皮を取ること、また味付けはカロリーを低くするためこってり系よりもさっぱり系を選ぶようにすることになります。

 

さらにオススメしてくれたのが、電子レンジを使った下記2つの超簡単レシピ。

 

(1)即席卵野菜スープ

容器に野菜、お水、コンソメなど調味料を入れ、溶き卵を加えて電子レンジでチン! 野菜で食物繊維、卵でタンパク質が補えます(調味料はお好みでOK)。

 

(2)簡単蒸し野菜

一口大に切った野菜や肉などをシリコンスチーマーに入れ、電子レンジ で5~6分加熱(600W)するだけ。後に加える味付けは、ポン酢などさっぱり系を選ぶのもポイントです。

 

たしかにこれなら時間のないときでも作れそうですよね?! また、味付けや具材を応用していけば、レシピ幅もさらに広がりそうです。

 

 

 

|リセットダイエットを絶対に成功させるルール2つ

 

基本的にオススメ食材を中心にメニュー作りをすれば「リセットダイエット」は成功に近づきます。しかし、絶対に体重を落としたい人は、下記2つのルールもきっちり守りましょう。

 

(1)甘い飲み物を避ける

「飲み物は意外とカロリーや糖分が含まれるものが多いので注意が必要」と道江さん。特にリセットダイエット中に食事をヘルシーにしても、飲み物で糖分を気づかぬうちに摂取してしまっては意味がありません。ジュースや炭酸飲料などは避け、飲み物はお茶類やお水、炭酸水などにすることを徹底しましょう。

 

(2)カロリー、食事量にも気をつける

「基本的にオススメ食材を摂っていただければ食べ過ぎのリセットはできますが、きちんと体重を落としたいのであれば、20〜30代の女性であれば1日の総カロリーを1200~1400キロカロリーを目安にしましょう」と道江さん。また、食事の量についても「普段の7割程度を目安にしておく」ことも効果的と教えてくれました。

 

 

このように食べ過ぎた分を元に戻すには、適切な食材と食事量を守ることが必須です。まずは3日間、1週間など期間を決めて「リセットダイエット」を実行に移して、身体と心のリセットに役立ててみてくださいね。<text:ピーリング麻里子 監修:道江美貴子(管理栄養士・株式会社 asken執行役員)>


border