beautyビューティー

顔周りのむくみ予防に◎ リンパの流れと姿勢を改善【痩せやすい体】に導く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

人と対面する機会が増える春は第一印象を良くするためにもスキンケアを含め顔周りのケアは欠かせません。中でも特に注意したいのが“姿勢”。肩が内側に向いた状態を続けていると必然的にリンパの流れが滞ってしまい、顔がむくんで大きくなったり、首が縮こまってしまったりと、老け見えにつながるおそれもあります。そこで習慣に採り入れたいのが、リンパの流れや姿勢を改善して代謝を高めてくれる「大胸筋」にアプローチする簡単ストレッチ法です。

 

 

 

【大胸筋ストレッチ】

 

(1)壁の真横に立ち、壁側の腕の肘から手先までを付ける

 

▲腕を壁に付ける位値は肩の位置よりも少し後ろにします

 

 

(2)壁に腕を付けている方の脚を少し前に出す

 

 

 

(3)前に出した脚に体重をかけながら、姿勢をそらさないように注意して上半身を前側にスライドさせ、下写真の赤丸部分の筋肉が伸びていることを意識してゆっくり息を吐きながら30秒間キープする

 

 

 

反対側も同様に行い、“1日あたり左右各3回を目標”に実践します。なお、(3)のキープ時に体が壁に寄りかかった状態や、壁に付けた腕を軸に体がねじれた状態(下写真)になっていると期待する効果を得られません。

 

th_6-NG

 

実践中は常に「体を真正面に向けたままをキープする」ことを心がけましょう。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると胸周りの筋肉の柔軟性が増して、首や肩などの動きが軽くなるのを実感できるようになります。むくみを感じさせない顔周りと、胸がきちんと開いた美しい姿勢を手に入れるためにも、ぜひ入浴後や寝る前の習慣に取り入れてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border