beautyビューティー

二重あごを予防して小顔感UP。首周りスッキリ【細見えボディ】に導く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

薄着の季節は華奢見えするボディで過ごしたいものですが、特にポイントとなるのが首周り。首がお肉に埋もれた状態だったり、あごのお肉がたるんだりといった事態は回避したいところです。そこで習慣に採り入れたいのが、頭部を支える「胸鎮乳突筋」(横を向いた時に浮き出る首筋の筋肉)の柔軟性をキープさせるための簡単ストレッチになります。

 

 

 

【胸鎮乳突筋ストレッチ】

 

(1)椅子やベッドに腰掛け、背筋を真っ直ぐ伸ばして胸元に両手を重ねて置く

 

▲目線は真っ直ぐ正面に向けます

 

 

(2)そのまま頭を後ろに倒し、手のひらで胸元と鎖骨を下に伸ばすように軽く押し下げて、ゆっくり息を吐きながら30秒間キープする

 

 

 

(3)下あごを斜め右上につき出し、ゆっくりと息を吐きながら30秒間キープする

 

▲視線は動きに合わせて斜め右上方向に向けます

 

反対側も同様に行い、一連を“1日あたり3セットを目標”に実践します。ただし、頭を振る動きになるので、頭や首に痛みやツラさを感じたらストップしましょう。

 

 

首元がスッキリすると、小顔感が高まるだけでなく、デコルテ周りの華奢感も増してバストラインの印象UPも叶います。さらに肩幅も細く見えるようになるので若見えまで叶うはず。シンプルなストレッチ法なので、ぜひ入浴後や寝る前の習慣にして“細見えボディ”を手に入れてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border