beautyビューティー

細くて長い首元で好感度UP!フェイスラインくっきり【小顔感UP】が叶う簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

1日の中で座って過ごす時間が長くなる程、重い頭を支える首の筋肉が収縮してしまって首周りが太く短く見えてしまったり、顔周りがむくんで大顏に見えてしまったり、肩にコリやハリが出たりといった影響が出てくるもの。そこで小顔感を高めるためにも習慣に採り入れたいのが、首〜デコルテ周辺の柔軟性キープに役立つ簡単ストレッチです。

 

 

 

【首〜デコルテ周辺に効く簡単小顔ストレッチ】

 

首横〜デコルテ周辺にアプローチできるストレッチで、姿勢の改善する効果はもちろん、小顔効果や首長効果、さらには老け胸の予防効果を期待できます。パソコン作業の多い方だと指先がキツく感じる場合もありますが、ぜひ小まめに実践してみましょう。

 

 

(1)床にあぐらで座り、体の真横に左の手のひらを指先が前になるように床に置く

 

 

 

(2)首を右側(床に着けた手のひらと逆側)に傾けて10秒間キープする

 

 

 

同様に反対側も実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「首を倒す際に手のひらを床に着けた状態を常にキープすること」がポイント。置いた手のひらが床から浮いてしまう(下写真)と十分に筋肉を伸ばすことができません。

 

▲首を倒す際は手の平が床から浮かないように注意!

 

日々の活動がルーティーン化していると、気づけば体に不調が体に現れてしまうもの。特にくっきりとしたフェイスライン、ほっそり長く見える首は好印象を高める上で大切な要素です。ぜひ簡単ストレッチを習慣化して、ヘルシーかつ好印象な見た目をキープしていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border