make upメイク

理想の眉を作るには? 美眉アドバイザー直伝【自分に似合う眉作り】基本5STEP

Twitter
LINEで送る

「印象の8割は眉でキマる」と言われるほど、眉は顔の中でも重要なパーツ。でも、「自分に似合う理想の眉を作れない」と感じている方も少なくないと思います。そこで今回は、眉のスペシャリスト“美眉アドバイザー”として活躍する玉村麻衣子さん(以下、玉村さん)に自分に似合う“しっくり眉づくり”の基本を教えてもらいました。

 

 

 

|“自分の骨格に合った基本の位置を把握する”ことが最も大切

 

玉村さんによると自分に似合う“しっくり眉”を作るには「自分の骨格に合った“眉頭、眉山、眉尻”の3つの基本の位置を把握すること」が最も大切とのこと。基本の位置を抑えた眉を描くだけで「鼻がスッと高く見えたり、目がパッチリ見えたり、小顔効果などより魅力を引き出せる」と言います。

 

 

また、「季節に合わせて、夏なら細め眉で涼やかに、秋冬なら太め眉であたたかな表情に。服装に合わせて、直線的な眉でクールに、曲線的な眉でフェミニンに」と眉の整え方や描き方次第で様々な表情に変えることができると玉村さん。また、マスクが欠かせない今は「ちょっと長く、ちょっと太く眉を描くこと」で目力を上げ、華やかな印象を作るのがおすすめとのことです。

 

 

 

|自分に合った“しっくり眉”をつくる5STEP

 

それでは、玉村さん直伝、簡単に自分に合った“しっくり眉”のつくり方5STEPをチェックしてみましょう。

 

 

STEP 1:眉メイクをした状態で「眉頭・眉山・眉尻」の適切な位置をチェック

 

最初に眉メイクをした状態で「眉頭・眉山・眉尻」の適切な位置をチェックします。すっぴんの状態で眉を整えようとすると、どこまで切って良いのか分からず切りすぎてしまったり、左右のバランスが悪くなってしまうのがその理由。

 

▲眉頭は小鼻のくぼみの真上、眉山は黒目の外側〜眉尻の真上、眉尻は長めに仕上げたい場合は小鼻と目尻を結んだラインの延長線上に、短めに仕上げたい場合は口角と目尻を結んだラインの延長線上が理想的な位置となります。また、「眉尻は眉頭よりも下がらないように注意」と玉村さん

 

▲さらに「眉カットをしやすくするために、普段よりしっかり眉の輪郭を描くこともポイント」とのこと。その際は、スクリューブラシを使って毛流れを整え、コシのあるアイブローブラシを使うことでしっかりとした輪郭が描きやすくなります<使用アイテム:貝印 cosmeup スクリューブラシ ¥500(税抜)、貝印 cosmeup 熊野筆 アイブローブラシ ¥700(税抜)>

 

 

STEP 2:眉メイクからはみ出た眉毛をカットする

 

STEP 1で描いた眉メイクからはみ出ている不要な眉毛を、先が細めの眉ハサミを使用して根元から短くカットします。

 

 

STEP 3:眉毛の長さと量を調整する

 

眉の長さを整える際は「眉全体を同じ長さにカットしないこと」が大切なポイントと玉村さん。

 

▲毛の長さは片手で簡単に使えるコーム付きの眉ハサミがオススメ。ポイントは「コームで眉を下から上へすくい、コームの土台部分を眉の上の輪郭に合わせてはみ出た毛をカットする」こと。そうすることで、切りすぎを防げます<使用アイテム:貝印 クシ付きマユハサミDX ¥900(税抜)>

 

また、眉毛の量が気になるときは「眉スキハサミ」で調整します。

 

▲毛が密集している黒目の上のみ、眉毛をクシ部分ですくうように持ち上げ1~2回カットするだけで軽い印象に仕上げることができます<使用アイテム:貝印 眉スキハサミ ¥1,000(税抜)>

 

 

STEP 4:メイクオフ&スキンケア

 

ここまでの眉の処理が終わったら一度クレンジング・洗顔をして、化粧水や乳液などで肌を整えます。

 

 

STEP 5:カミソリで不要な眉毛を除去する

 

メイクオフすると眉毛の長い毛と短い毛に別れているのが分かります。この短い毛がステップ(2)でカットした不要な毛となるので眉毛用のカミソリで剃っていきましょう。

 

▲「眉上と眉下は上から下に、眉尻は斜め上から下に剃るのがポイント」と玉村さん。眉尻の外側や眉下のうぶ毛がなくなるだけでパッとワントーン肌が明るく見えるようになります。また、毛抜きを使うのは「肌に負担がかかるためピンポイントで」がおすすめとのこと<使用アイテム:貝印 bi-hada ompaL>

 

 

以上の5つのSTEPは「眉を描く練習を兼ねて帰宅後に行いましょう」と玉村さん。帰宅後にSTEP 1〜STEP 3を行い、お風呂に入るときにSTEP 4を、お風呂上がりにSTEP 5を行うのがおすすめとのことです。とても簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border