beautyビューティー

お腹の凹ませに◎ 背中を気持ち良く伸ばすだけ【ほっそりウエスト】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

スマホやPCのやり過ぎで徐々に姿勢が悪くなって背中や肩周りが凝り固まってしまうと、お腹がぽっこりとした状態になるだけでなく、消化機能の低下や呼吸の浅い状態を招いてしまって痩せにくい状態に陥ってしまいます。そんな状態を回避すべく習慣に採り入れたいのが、上半身全体の柔軟性を高めるヨガの簡単ポーズ【パリヴルッタジャーヌシールシャーサナ】です。

 

 

 

【パリヴルッタジャーヌシールシャーサナ】

 

パリヴルッタは「ねじった」、ジャーヌは「膝」、そしてシルシは「頭」を意味し、ねじった頭を膝につけるポーズです。背中を気持ち良く伸ばして狭まりがちな胸を開いて呼吸を深め、同時にお腹周りも伸ばして引き締めるといった効果を得られます。また、肩周りの柔軟性も上げる効果もあるので、肩こりの緩和にも役立つのも魅力です。

 

 

(1)床に座って両脚を前に伸ばし、背中を真っ直ぐにして骨盤を立たせて両腕を体側につける

 

 

 

(2)右ひざを曲げ、右足の裏を左脚の太ももの内側につける

 

 

 

(3)右手を腰の上に置き、左腕を前に伸ばして手のひらが上になるよう外側へ回して左手の親指と人差し指で左足の親指を掴みながら上半身を前に倒していく

 

 

 

(4)上半身を右にねじって左ひじを左脚の内側に置き、胸を開く

 

 

 

(5)右腕を頭上へ伸ばし、胸がきちんと開いていることを感じながらゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

 

▲キープ時は上げている右手の指先に目線を向けます

 

 

反対側も同様に行います。期待する効果をしっかり得るためには「お尻をきちんと床に着いた状態をキープすること」がポイント。前屈ばかりに意識が向くとお尻が浮いてしまうことがあるので注意してください。また、「胸を開くこと」「お腹をしっかりねじること」にも意識を向けましょう。

 

 

なお、「手で足の親指を掴めない」、もしくは「前屈するとどうしてもお尻が浮いてしまう」という方は、手の甲を床に置くアレンジポーズ(下写真)で実践してみてください。

 

 

上半身が凝り固まり姿勢が悪くなるとボディラインの崩れ、代謝の低下に直結してしまいます。ぜひ上半身のストレッチ効果が高いこのポーズを習慣にして、美スタイルのキープと健康の両立を目指していきましょうね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ヨガ監修:Minami(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border