beautyビューティー

脂肪がつきにくい下半身へ◎ 代謝を高めつつ【ほっそり脚】を目指す簡単習慣

Twitter
LINEで送る

「日常生活を送るだけで痩せることができたら……」。そんな代謝の良い体を手に入れたいと願う方は少なくないと思いますが、それを叶えるためには体の柔軟性をキープして脂肪がつきにくい体作りは欠かせません。そこで習慣に採り入れたいのが、凝り固まりやすい太ももや背中をほぐすヨガの簡単ポーズ【プラサリータ・パードッターナーサナ】です。

 

 

 

【プラサリータ・パードッターナーサナ】

 

プラサリータ・パードッターナーサナはサンスクリット語で“伸びた脚”という意味で、文字通り左右に開脚して伸ばすことで太ももや背中をストレッチさせるポーズです。太ももや背中の柔軟性がUPすれば、体の可動域が広がることで血流も促進されて代謝UP。また、下半身のむくみや冷えを改善する効果も期待できます。

 

 

(1)足裏でしっかりと床を押すようにして直立する

 

 

 

(2)息を吸って両腕と両脚を横に大きく広げる

 

▲上半身を引き上げるようなイメージで、背筋を真っ直ぐに伸ばすよう意識します

 

 

(3)息を吐きながら両手の指先を床に着けて上半身を曲げていく

 

▲上半身は真っ直ぐキープしたまま、股関節から倒すようにしていくイメージです

 

 

(4)肘と頭ができる限り床に近づいたところで20秒間キープする

 

▲できる人は完全に肘と頭を床に着けてください

 

 

(5)床に手をつけたまま両脚を内側に戻していく

 

 

 

(6)両脚のくるぶしがくっついたら上半身を上げて(1)の姿勢に戻る

 

 

 

効果をしっかり得るためのポイントは「足裏でしっかり床を踏みしめて上半身を引き上げるように意識すること」になります。また、大事なのは上半身を深く曲げることよりも「背筋が伸びたままをキープする」こと。床に手が着かない場合はブロックなどで補助してもOKなので、とにかく太ももの内側と背中が伸びていることを感じながら実践しましょう。

 

 

カチコチな太ももと背中がほぐされれば、脂肪のつきにくい体作りが叶うだけでなく、背筋真っ直ぐかつ脚もほっそりするなど見た目印象もグッと良くなるはず。ぜひ習慣にしてみてくださいね、<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border