beautyビューティー

腸腰筋を伸ばすだけ【ぽっこりお腹&お尻のたるみを改善】簡単ストレッチ習慣

Twitter
LINEで送る

運動不足が続いて、いつの間にかお腹ぽっこり、お尻のたるみといった症状が現れていませんか? その原因の1つが姿勢が崩れ。そこで、まずアプローチしたい筋肉が「腸腰筋(ちょうようきん)」になります。

 

背骨から大腿骨についている「腸腰筋」は腰をS字状にキープしたり、立ち姿勢をキープしたりする時に大切な筋肉。股関節を曲げる働き、骨盤を立たせる働きがあるため、凝り固まってしまうことで姿勢の悪化や骨盤の前傾など、お腹ぽっこりやお尻のたるみにつながってしまうのです。それでは、凝り固まってしまった「腸腰筋」をほぐす簡単ストレッチ法をチェックしてみましょう。

 

 

 

【腸腰筋ストレッチ(1)】

 

(1)右脚を前に踏み込んで、そのまま腰を落とす

 

 

 

(2)体重を前に移動させ、後ろ側の左脚を伸ばす

 

▲後ろ脚を伸ばすことで鼠蹊部が開き、腸腰筋(体前側のお腹から太ももの筋肉)がしっかり伸びます

 

 

(3)左腕を真っ直ぐ上げ、ゆっくり呼吸しながら10〜15秒間キープする

 

▲後ろ脚側の腸腰筋が伸びていることを感じましょう。また、手をしっかり上げておくことでさらに伸びを感じられます

 

 

反対側も同様に行い、“1日あたり左右各3回を目安”に実践します。なお、腰が反ってしまったり(下写真左)、つま先よりも前にひざが出てしまったり(下写真右)すると、腰やひざに余計な負担がかかって体を傷めてしまうおそれがあるので注意してください。

 

▲安全に行うためにも、腰を反らない、ひざをつま先よりも前に出さないように注意!

 

姿勢が良くなれば自然とスタイルの改善にもなり、呼吸も楽になるなど健康面でも良い変化を実感できます。運動不足によるスタイルの崩れや体の不調を予防するためにも、ぜひこのストレッチを習慣化してみてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border