beautyビューティー

お腹痩せの鍵は“腹筋の柔軟性”に。理想の【ほっそりウエスト】に近づく簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

薄着の季節に向けてぽっこりとしたお腹を引き締めていきたいと考えている方は少なくないと思います。そんなお腹ダイエットの鍵となるのが“腹筋の柔軟性”。腹筋が凝り固まっているとお腹周りの代謝が低下し、痩せにくい上に贅肉の付きやすい状態となってしまうのです。そこで習慣に採り入れたいのが、胸から下の腹筋全体にアプローチできる簡単ストレッチになります。

 

 

 

|腹筋全体に効く簡単ストレッチ

 

(1)床にうつ伏せの姿勢になり、顔の脇に両手を着く

 

(2)手で上半身を支えるようにあごを上に向けながら体を後ろに反らせ、反らしきった所でゆっくり呼吸をしながら30秒間キープする

 

▲上半身を反らせるときは肩甲骨を内側に寄せるようイメージしてください

 

ただし、上記のストレッチ法は腰への負担が大きいため、慢性的に腰の痛みを抱えている方は「足のつま先を立てて恥骨を浮かせる」(下写真)という方法で腰への負担を軽減しましょう。

 

▲足のつま先を立てて行う場合も、上半身を反らせるときは肩甲骨を内側に寄せるようイメージしてください

 

 

このようにシンプルなストレッチ法ですが、継続して実践していくとお腹周りの筋肉の柔軟性が増していくのを実感できます。ぜひ理想のスッキリ引き締まった“ほっそりウエスト”を手に入れるべく、日々の習慣にしてみてくださいね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border