dietダイエット

ベスト体重44kgを長年キープ。身長152cm小柄セレブの【ヘルシーダイエット法】

Twitter
LINEで送る

ダイエットは身長から導かれる理想体重を目指すものではなく、骨格や筋肉量など“自分本来の体型に合ったベスト体重を目指す”のが理想とされています。そんなベスト体重を長年キープし続けていることで知られる1人がコートニー・カーダシアン。キムとクロエの2人の妹に負けないほどの“ダイエットマニア”としても知られる存在です。

 

出典:Jaguar PS / Shutterstock.com

 

コートニーは常に「自分のベスト体重」と語る体重44kgをキープ。身長は日本人でも小柄とされる152cmなのですが、スラリとしたシルエットで高身長にさえ映ります。それではぜひとも参考にしたい、ベスト体重をキープをするためにコートニーが実践するヘルシーダイエット法をチェックしてみましょう。

 

 

 

|ケトダイエット×プチファストダイエットを掛け合わせる

 

コートニーが行っているダイエット法の1つが「ケトダイエット」。「炭水化物は最小限で、穀物、豆類、豆科の植物は禁止。食事はフレッシュな野菜と脂肪分の少ないプロテインにフォーカスしてメニューを組むの」とコートニー自身が明かしたように、低炭水化物、高プロテイン摂取を心がけるダイエット法のことで“痩せる”と評判を呼ぶダイエット法です。

 

 

そんなケトダイエットと合わせて、定期的に「プチファストダイエットも行う」というコートニー。このダイエット法は「ディナーの後に14〜16時間食べない」というもので、例えば夜7時に夕食を食べたら、翌日は午前9時以降に食事をするというもので、内臓をきちんと休ませることで代謝の良い状態をキープしていくものになります。さらに体調によっては週1回程度、手づくりのボーンブロスと水、グリーンティーしか飲まない日を作ることも明かしています。

 

 

 

|プランク×腹筋運動を習慣的に実践

 

もちろん運動も習慣的に行っているコートニー。特にスッキリとした美腹を保つために欠かささないというのが「プランク」です。

 

 

実践時のポイントは両腕は肩の下から真っ直ぐに床に立たせることとのことで、「1分間行ったら30秒休み、再び1分間行って30秒休み…」というセットを1日に数回繰り返し行っていると明かしています。

 

 

また、両膝をつけたままローラーをコロコロとスライドさせるだけで腹筋運動ができる「腹筋ローラー」を使用した運動も実践しているそう。「10回を1セットとして1日に4セットを目標に行っている」ことを明かしています。

 

 

日々の忙しさや誘惑に負けることなくコートニーが実践するヘルシーダイエット法を真似するのは相当に強い気持ちが必要でしょう。ですが、その成果はコートニー本人が証明しているのも事実。そんなコートニーの姿をモチベーションに、日々のダイエットを強い気持ちで取り組んでいきたいものです。


border