make upメイク

目頭がポイントに。辛口なのに色っぽくキマる【切れ長アイメイク】でオンナっぷりUP

Twitter
LINEで送る

ホリデーシーズンは女性同士で出かける機会も多く、男性ウケの良いデカ目メイクや丸目メイクとは印象を変えて、ちょっぴり辛口な目元にキメたいという方も少なくないと思います。そこで今回は辛口なのに色っぽくキマる【切れ長アイメイク】の手順とポイントを紹介します。

 

用意するコスメは、

 

A:ピーチベージュカラーのアイシャドウ、B:ブラウンのアイシャドウ、C:ブラックのジェルアイライナー、D:ブラックのリキッドアイライナー、E:マスカラ

 

の5つです。

 

 

(1) Aをアイホール全体にのせる

 

 

ピーチベージュカラーのシャドウを上写真の丸で囲った部分(眉山すぐ下まで)のせます。

 

 

(2)Bを目尻から斜め上方向にのせる

 

 

ブラウンのシャドウを目尻から上にあげるように3〜4回厚めにのせます。ブラシを左右にはらって境目をぼかして馴染ませましょう。

 

 

(3)Cを目頭にのせる

 

 

ブラックのジェルアイライナーを目頭に約8mmの厚さで3〜4回重ねてのせ、(2)と同じようにブラシで境目をぼかします。

 

 

(4) Bを下まぶたにのせる

 

 

ブラウンのシャドウを下まぶたのライン全体に約8mmの厚さでのせます。少し元気がないイメージに見えるのが正解です。

 

 

(5)Cで上まぶたの粘膜を埋め、その後まつ毛の根元を埋める

 

 

まず反対の手の小指でまぶたを持ち上げ、ブラックのジェルアイライナーでまつげの根元下(青点)から埋めていく。眼球に触れないように粘膜の中央を中心に埋めるのがポイントです。

 

 

その後、同じくブラックのジェルアイライナーでまつげの根元(粘膜部分)に数字の「1」を書くように、ブラシに力を入れてしっかり埋めます。

 

 

(6)Cで目尻側のアイラインをなぞる

 

 

(5)で描いたアイラインの目尻から目の中央まで、目尻から目頭方向になぞります。

 

 

ここで一旦チェック! 目を開けたときに目尻部分にボリュームのあるアイラインになっていればOKです(この段階では少し雑に見えても大丈夫)。

 

 

(7)Cでキャットアイのラインを目尻にひく

 

 

ブラックのジェルアイライナーでアイラインのカーブに沿って目尻にキャットアイのラインをひきます。その後、ブラシに残ったジェルアイライナーを何度か上塗りして自然にラインを馴染ませましょう。

 

 

(8)Dで目頭を切開するようなラインを入れる

 

 

ブラックのリキッドアイライナーで正面を見た状態で目頭に「く」の字でラインを描きます。目を開けたときに見える目頭の上のラインから下のラインへつなげて描くのがコツ。下のラインは2mmが目安です。

 

 

(9)ビューラー&マスカラをONして出来上がり

 

 

マスカラは上下のまつ毛にしっかり塗りましょう。

 

 

このように“目頭に「く」の字のアイラインをプラスすること”が【切れ長アイメイク】のポイント。あた、マットなピンク系のリップを合わせればソフトな印象に、赤リップを合わせればもっと辛口な印象に仕上がります。ぜひ合わせるリップ選びで仕上がりの雰囲気をコントロールしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ) top image出典:DHOLIC


border