fashionファッション

“寒さはガマン”は時代遅れ。きちんと感&おしゃれを両立【防寒オフィスコーデ】のポイント

Twitter
LINEで送る

冷え込む日が増えていくと、オフィス内でも「寒い」「冷える」と感じることは少なくないと思います。そうかと言ってたっぷり着込んでいると野暮な雰囲気になってしまったり、動きにくくて仕事しづらかったりするもの。そこで今回はそんな悩みを解決する、きちんと感とおしゃれを両立する【防寒オフィスコーデ】のポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

防寒オフィスコーデのポイント(1)ソックスorカラータイツで足元の寒さ対策

 

最大の悩みと言える足元の冷え。ストッキングだと寒いし、デニールの濃いタイツだと防寒対策で履いてる感が出てしまいがちです。そこでまずおすすめがローファーやショートブーツにソックスを合わせるコーデです。

 

出典:#CBK

 

寒さはもちろんずっと立っていても足が痛くならないのが嬉しいポイント。ペッタンコすぎても足が痛いのでシューズはかかと部分の高さがある程度あるものを選びましょう。

 

また、カラータイツもオススメです。特にグレーカラーのタイツはどんな色味でも合わせやすく、落ち着き感も抜け感も演出できます。

 

出典:#CBK

 

グレーのカラータイツならデニールをある程度濃くしても厚ぼったさが出づらいのが嬉しいポイント。いつもと違ったニュアンスが加えられるので、鮮やかな色味のスウェードパンプスと合わせてアクセントを効かせるとお洒落度もグッと高まります。

 

 

 

防寒オフィスコーデのポイント(2)薄くてもしっかり温かいコンパクトダウンを上手に活用

 

通勤時やランチ時に重宝するのがタウンユース用の薄手のコンパクトダウン。嵩張らないのでアウターの下にカーディガンのように着込んでもOKですし、ちょっとした外出時にジャケット代わりにサッと羽織ってもOKです。

 

出典:#CBK

 

出典:#CBK

 

お気に入りの薄手コートでもコンパクトダウンをインナーに使うことで着こなせますし、スッキリとした印象のデザインを選べばスカートでもパンツでもきちんと感のあるオフィスコーデが叶います。

 

 

防寒オフィスコーデのポイント(3)一枚重ねるのと同効果。首元をおしゃれに温める

 

オフィス内でマフラーを巻いたり、スヌードを着用するのは抵抗あるもの。そこでオススメがシルクのスカーフを巻くこと。シルクの暖かさは意外と侮れません。

 

出典:DHOLIC

 

オンナ度高めのアイテムなのでオフィスで浮かずきちんと感もプラスできます。ちょっとスカーフに抵抗がある方でもトレンド感のある柄なら採り入れやすいでしょう。

 

また、ぜひ1枚常備しておきたいのが汎用性の高い大判ストールです。

 

出典:#CBK

 

コートの中や外から巻いたり、ポンチョのように着たり、畳んでマフラーのように使ったり、ひざ掛けにしたりと様々な使い方ができるので重宝すること間違いなし。特に流行りすたりがないアイテムなので、お気に入りの柄や憧れブランドのアイテムなど長く使えるものを選ぶようにしましょう。

 

 

防寒コーデは着ぶくれやカジュアル過ぎるといった心配が付き物ですが、賢いアイテム選びをしておくと、きちんと感とおしゃれを両立できます。ぜひ参考にしてみてくださいね。<top image出典:#CBK


border