beautyビューティー

姿勢と呼吸を整えるのが鍵。1日1セット【お腹のくびれ強化】が叶う簡単習慣

Twitter
LINEで送る

「お腹のくびれがなくなってきたかも…」と感じている方こそ強化すべき筋肉が「腹斜筋」です。そこで習慣に採り入れたいのがピラティスの簡単エクササイズ【マーメイドストレッチ】。くびれ作りの鍵となる腹斜筋を大きく伸ばすことで脇腹が開いて深い呼吸ができるようになるので、いつの間にか“痩せる”理想的な体に近づけます。

 

 

 

【マーメイドストレッチ】

 

みぞおちから上を伸ばすようなイメージで腹斜筋を気持ちよく伸ばすエクササイズです。呼吸が浅いと姿勢が悪くなり、代謝の低下や自律神経の乱れにつながりますが、深い呼吸ができる姿勢の良い体に整えることでくびれ作り&代謝UPが叶います。

 

 

(1)両ひざを立てて座り、右脚をかかとをお尻につけるように倒す

 

 

 

(2)左脚を倒してかかとを体の中心に置き、右の手指を床に置く

 

 

 

(3)左腕を天井方向に伸ばす

 

 

 

(4)一旦息を吸い、息を吐きながら右ひじを曲げて左の体側を気持ちよく伸ばしてゆっくり5呼吸(約1分間)キープする

 

▲みぞおちから上を伸ばすイメージです

 

 

終わったら脚と腕を変えて反対側も同様に行います。なお、体を骨盤から曲げてしまう(下写真上)、肩の位置が上がってしまう(下写真下)、といった姿勢で行っても期待する効果を得られないので注意しましょう。

 

 

地味に思えるエクササイズも知れませんが、腹斜筋だけでなく体幹も自然に鍛えられ、痩せる体へと着実に変化していきます。ぜひ習慣化して呼吸と姿勢を整え、お腹のくびれ強化に役立てていきましょうね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border