beautyビューティー

2週間でウエスト5cm減×体重5kg減を叶える方法、柔軟な股関節に導く簡単“脚痩せ”習慣など今週注目の話題

Twitter
LINEで送る

今週(2020年9月27日~2020年10月3日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『2週間でウエスト5cm減x体重5kg減を叶える方法』『柔軟な股関節に導く簡単“脚痩せ”習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

 

▶︎10キロ減量×太もも−3cm!ヘルシーに痩せた【下半身ダイエット】のコツ

 

 

 

|2週間でウエスト−5cm×体重5kg減。1日10分の“お腹痩せプログラム”

 

近頃「ダイエットが急務!」と焦っている方は少なくないと思います。そこで今回は体型変化が現れやすい“お腹周り”に効く話題のプログラムを紹介。それがYouTuberのクロエ・ティングが配信中の『Get Abs in 2 WEEKS』です。「わずか2週間で理想のお腹が目指せる!」と人気を集め、再生回数ははんと約1億8000万回と多くの人が実践しています。

 

 

内容は21種類のエクササイズを各30秒(合計10分間)実践していくもので、仰向けになって両脚を下から持ち上げる「リバースクランチ」、プランクの姿勢から片脚を胸の横に近づけていく「スパイダーマンプランク」、くびれ作りに高い効果を発揮する「ロシアンツイスト」、仰向けになって膝を立て手を足首にタッチしていく「ヒールタップ」、仰向けで両脚を天井に向け、手を足に近づけて腹筋する「ストレートレッグクランチ」など、シンプルなものばかり。きちんと動画に合わせて行なっていくとかなりハードですが、終わった後は、かなり達成感を得られます。

 

気になる結果ですが、3kg減量×ウエスト−5cmという人もいれば、5kg以上減量×ウエスト−10cmという人など様々報告されています。数字ばかりに目がいってしまいますが、見た目が激変するのもこのエクササイズの魅力。また、1日10分と短時間で完了するのも嬉しいポイントです。速攻でお腹周りを引き締めたい方は早速トライしてみてくださいね。

 

 

 

|どんどん脂肪が燃える体に導く簡単“お腹痩せ”習慣

 

忙しさのあまり長時間同じ姿勢でいることが続くと股関節周りが固くなりやすく、代謝も低下して下半身がより痩せにくい状態になってしまいます。そこで習慣に採り入れたいのが股関節周りの柔軟性を高める簡単ストレッチ。中でも骨盤を安定させたり、歩く時に脚をサポートする「大腿筋膜張筋」を伸ばすストレッチは下半身全体の引き締めやO脚予防に効果大です。

 

 

(1)ベッドの端に寝そべり、端側の手と足を床に降ろす

 

_MG_0410

▲降ろした足の位置を手に近づけると負荷が強くなります

 

 

(2)ベッドの上の脚を曲げ、つま先を手で引っ張る

 

_MG_0416

 

 

(3)さらに膝の位置を固定したままつま先を持った手を外側に引き、ゆっくりと呼吸しながら30秒間キープする

 

IMG_0868

 

反対脚も同様に行い、“左右各3セットを目安”に実践します。疲労感やむくみの緩和にも効果を期待できるので、ぜひ1日の終わり、就寝前の習慣にしてみてくださいね。<ストレッチ監修:上田夕子(ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>

 

 

 

|生年月日占い《2020年10月の運勢》をチェック

 

徐々に秋らしくなってきました。喧噪から離れて、また普段パソコンやスマホで酷使している目を休めて、山や自然の中でゆっくり過ごす時間を持ち心身共にリフレッシュしましょう。それでは幸先の良い1ヶ月のスタートを切るべく、あなたの生年月日から導かれる《2020年10月の運勢》をチェックしてみましょう。<占い:「YUKI’s風水」野口由起子>

 

▶︎あなたの生年月日から導かれる“タイプ”を判別する方法

 

▶︎【生年月日占い】あなたの気になる《2020年10月の運勢》は?

 

 


 

 

beauty news tokyo編集部の最新情報は公式instagramでもチェックできます。ぜひフォローしておいてくださいね!


border