loveラブ

なんて言えば傷つかない?!男性からの【告白を断る方法】4つ

Twitter
LINEで送る

「恋人を作る気がない」と言えば、彼をそこまで傷つけずに済むでしょう。
誰が告白しても断られる状況だと思ったら、彼もすぐに立ち直れるはずです。

 

ただ、しばらく経ってからまた告白される可能性もあります。
その時にどう応えるかは、よく考えておくべきです。

 

 

 

|「気持ちはすごく嬉しいんだけど…」

 

「気持ちはすごく嬉しいんだけど」と断るのもよいでしょう。
はっきりと断るよりも、やんわりした印象を与えます。

 

例えば相手と仲が良く、今の関係を維持したい時などに使うとよいですね。
相手の気持ちを「嬉しい」と言っていますから、あなたが彼を嫌がっていないことは伝わります。

 

 

 

|「他に好きな人がいるの」

 

はっきり「他に好きな人がいる」と断るのもアリ。
きっと彼は一時的に衝撃を受けるでしょうが、「いくら想っても叶わない」と分かれば、すぐに気持ちを切り替えるでしょう。

 

相手のためを思って、はっきりと断るのも優しさのうち。
「早く次の恋に進んで欲しい」と思うなら、相手を否定しない方法で断ることです。

 

 

 

|「まだ〇〇くんのこと知らないから…」

 

今は相手の気持ちに応えられないものの、今後好きになる可能性がある場合は、「まだ〇〇くんのこと知らないから…」とやんわり断る方法もアリですね。

 

このように言われた彼は、「まだ可能性がある」「もっと仲を深めないと」と思いますから、その後も諦めずに想い続けてくれるはずです。

 

ただし、彼を恋愛対象として見ていない上に付き合う可能性もないなら、この断り方ではあとあと傷つけてしまいます。
今後も気持ちを受け取れないなら、他の断り方を選択してくださいね。

 

 

いかがでしたか?
彼の告白を断るとしても、その気持ちには真摯に、そして傷つけないように応えるべきです。

 

このような断り方であれば彼の傷を最小限に抑えられますから、自分の気持ちに合う断り方を選び上手に対処しましょう。


前のページへ

1 2

border