columnコラム

買って損なし!夏→秋の旬なシフト服【シアーシャツ】の選び方&着こなしテク

Twitter
LINEで送る

そろそろ秋らしさを採り入れていきたいけれど、まだ少し暑さも残っていて「コーデが難しい」と感じている方は少なくないと思います。そんな夏⇒秋へのシフトに買って損なしのアイテムが、引き続きトレンドとなっている【シアーシャツ】です。それでは、これから買い足すべきアイテムの選び方や着こなしテクをチェックしてみましょう。

 

 

 

|これから買い足すなら秋カラー&トレンド柄が◎

 

引き続き秋もトレンドとなっているシアーシャツですが、秋らしさをグッと高めるならシックなカラーやトレンド柄を採り入れるのがオススメ。中でもイチオシが“ブラウン系カラー”で、ほんのりとした透け具合のアイテムになります。

 

出典:WEAR

 

それだけで秋らしさたっぷりに着こなせるのが魅力。また、生地も凸凹したニュアンスのある楊柳素材をチョイスして上品さと大人感を演出しましょう。

 

また、深みあるグリーンのシアーシャツなら一気に秋らしさたっぷりなスタイルが完成。

 

出典:WEAR

 

初秋はまだ気温も少し高めなので、涼しげなホワイトのパンツを合わせると軽やかに仕上がります。ただし、夏っぽくならないように足元をブラックで締めるのがバランス良くコーデをまとめるコツです。

 

ちょっと着こなしに変化を持たせたいなら、2020秋トレンドのタイダイ柄がオススメ。

 

出典:WEAR

 

程良い透け感とタイダイ柄が上品にまとまって洗練された印象で着こなせます。なお、ポワンとしたボリューム感のある袖は、まだ少し暑さが残る日はリラクシーかつ涼しげな印象を演出するためにも、捲って立体感を出すようにしましょう。

 

 

 

|インナー、羽織り、コーデのアクセントに。お手本にしたい着回しテク

 

シアーシャツは旬でヘルシーなオンナらしさを醸せる一方で、インナーに何を合わせれば良いのか迷いがち。まずはデコルテの見えるネックラインのタンクトップまたはキャミソールを合わせてみましょう。

 

出典:WEAR

 

「胸元を開くのは少し抵抗がある」という方は、前を閉めてトップスとして着るのがオススメ。その際は、抜き襟にして着ると抜け感のあるスタイルに仕上がります。なお、抜き襟の際はバンドカラータイプだとバランス良くキマリやすいです。

 

また、シンプルに羽織るだけでなく、まだ暑さを感じる日はノースリーブ×パンツのオールブラックコーデでモードに仕上げつつ、差し色としてパープルのシアーシャツをたすき掛けに。

 

出典:WEAR

 

シアーシャツの透け感がオールブラックコーデに合わせても重くなりすぎず、かつたすき掛けしたニュアンスがコーデのアクセントにもなってくれます。

 

 

トップスとしても羽織りとしても着られるシアーシャツは着回し万能なので、今秋も1ワードローブに入れておくと重宝すること間違いなし。ぜひコーデのイメージを高めつつ、お買い物の参考にしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai top image出典:WEAR


border