columnコラム

1枚で旬顔。ふんわり【ティアードワンピ】で大人フェミニンな夏コーデ

Twitter
LINEで送る

ロマンティックなギャザー使いで、たっぷり広がるシルエットが特徴の【ティアードワンピース】。サラリと身に着けるだけでスタイルよく大人フェミニンに仕上がることから、今シーズンはカラー展開はもちろん、無地から柄物まで注目アイテムが続々登場中。それでは“夏映え間違いなし”のお洒落に着こなすコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|1着目は“旬カラーorブラック×マキシ丈”がイチオシ

 

1着目に選ぶなら、“旬カラーまたはブラック”かつ“マキシ丈”がイチオシです。トレンド感はもちろん、身長に関係なくキレイに着こなせます。

 

出典:WEAR

 

絶妙な丈感が魅力のKOBE LETTUCEの「インド綿ティアードワンピース」は小柄さんもお直しいらずの1着。インド綿の風合いと旬なミントカラーがマッチして気負わずにトライできます。シンプルなサンダルと編み目が強調されたバッグを合わせて、ナチュラル感を演出しましょう。

 

甘いボリューム感がティアードワンピースの特徴ですが、さり気なく引き締めてくれるブラックもオススメのカラーです。

 

出典:WEAR

 

ハイウエスト×バックオープンのデザインがフェミニンな魅力を引き立てるwho’s who Chicoの「バックリボンティアードワンピース」はスタイル良く着こなせる1着。クロスストラップキャミソールなど“見せインナー”インナーを重ねることで、涼やかかつ大人ヘルシーに着こなせます。しっかりと広がるマキシ丈にはミドルヒールのサンダルミュールを合わせて抜け感をプラスしましょう。

 

 

 

|配色や柄にこだわったアイテム選びが大人見えの鍵

 

ワンカラーで面積の広いティアードワンピースは1つ間違えると幼見えしやすいことから採り入れるのに「勇気がいる」と言う方も少なくないと思います。そこでアイテム選びの鍵となるのが配色や柄です。

 

出典:WEAR

 

ミモレ丈のTシャツワンピ風デザインに切り替え配色が加わったi.Rinaの「ロマンティックティアードワンピース」は着こなしラクちんな1着。黒×白のモノトーンカラーでもミモレ丈なら重たくなりすぎず、スッキリと着こなせます。ただし、ちょっぴりモードな雰囲気もあるアイテムなので、ベージュのローカットスニーカーをラフに合わせて大人可愛く着こなしてみましょう。

 

 

ティアードフリルが裾に1段のみ施されたCAPRICIEUX LE’MAGEの「ギャザーティアードワンピース」は下半身のボリュームを程良く抑えてくれる嬉しい1着です。

 

出典:WEAR

 

エスニック柄×リボン付きVネックでレディなS字シルエットに仕上げてくれるのでスタイルアップ効果も抜群。スリッパサンダルと巾着バッグを合わせてトレンド感をプラスしつつオンナらしさをほのかに醸しましょう。

 

 

体型とのバランスを整えたり、ボリュームシルエットの調節したりと意外と着こなしが難しいティアードワンピースですが、ウエスト位置が高くデザインされたものやメリハリを効かせた映えカラーなどをチョイスすると大人っぽい着こなしが叶います。ぜひ参考にして、抜け感&軽やかさたっぷりの大人の着こなしを愉しんでくださいね。<top image出典:WEAR


border