skin careスキンケア

家ナカでも万全の紫外線対策【ユニクロ】UVカットアイテムの魅力をチェック

Twitter
LINEで送る

例年8月にピークを迎える紫外線量。今年は外出する機会が減っていると言えど、家事をしていても外に出る機会は頻繁にありますし、シワやたるみの原因とされる紫外線UVAは「約80%がガラスを透過して室内に入って来る」というデータもあるので、家ナカでも万全の紫外線対策は必須と言えます。

 

 

 

|ちょっとした外出でも紫外線を浴び続けると体内にダメージが蓄積される

 

肌の光老化の第一人者として知られる「アーツ銀座クリニック」の院長・市橋正光先生(神戸大学名誉教授)によれば、洗濯干しやゴミ出し、近所への買い物など「10~15分程度の外出をして7~10日間紫外線UVBを浴び続けると、皮膚の細胞遺伝子には傷がついて抵抗力が落ち、将来的なシワや良性腫瘍のイボの原因になってしまう」のだそう。

 

 

また、紫外線UVBと比べて皮膚の細胞遺伝子に傷をつけにくいとされる紫外線UVA(紫外線UVBの約1/1000)は「皮膚深くまで透過するため活性酸素を作り皮膚に害を与え、将来的なシワに繋がる」と言います。だからこそ、短時間の外出でもうっかり紫外線対策を忘れないよう、室内でUVカット機能の高いアイテムを羽織るなど紫外線対策を心がけることが大切なのです。

 

 

 

|様々なシーンで活躍。バリエーション豊富なUVカットウエア

 

そこで上手に活用したいのが【ユニクロ】のUVカットアイテムです。1枚持っていると重宝する接触冷感機能を持つエアリズムを使用したロングカーディガンや、コンパクトに持ち運べてさっと羽織れるポケッタブルパーカなど豊富にラインアップされています。

 

▲洗濯干し、ゴミ出し、庭の水やりなどちょっとした日差しを浴びる時間も紫外線対策をしてしっかりガードできる「エアリズムシームレスUVカットロングカーディガン(長袖)」はドライ機能や接触冷感機能を備えた優秀アイテム

 

▲さっと着るだけで首、肩、腕の特に気になる上半身を瞬時に紫外線をブロックするを抜かりなくケアできる「UVカットスーピマコットンVネックカーディガン(長袖)」は洗濯機で洗える仕様になっているのも魅力。室内から外出時まで幅広く使えます

 

▲外での運動時やワンマイルウェアにオススメの「ポケッタブルUVカットパーカ」は軽量で薄地素材で着心地快適。雨水をはじく耐久撥水加工も施されています

 

 

このように着るだけで紫外線ケアできるユニクロのUVカットアイテムは素材やデザインの一工夫でファッション性と快適な着心地が両立されているので、普段コーデに簡単に採り入れられます。ぜひ家ナカから外出時まで様々なシーンで上手に活用して、今シーズンも万全の紫外線対策をしていきましょうね。


border