columnコラム

トレンドを先取り!2020テーマカラー【クラシックブルー】で大人の洗練コーデ

Twitter
LINEで送る

毎年発表される“今年のテーマカラー”。トレンドは淡いペールトーンとなっているのに対し、2020年は落ち着き感のあるシックな色味でありつつエレガントさを醸す【クラシックブルー】がテーマカラーとなっています。それではそんな大人っぽい色味を一足早く採り入れるポイントをチェックしておきましょう。

 

 

 

|手軽に採り入れるならエレガントさが際立つスカートから

 

上品なクラシックブルーは採り入れるだけでエレガントな雰囲気が際立つので、オフィスなどきちんと感の欲しいシーンに大活躍。手軽に採り入れるならスカートからがオススメです。

 

出典:WEAR

 

まず押さえておきたいのが、生地のドレープ感が美しいフレアスカート。落ち着いた色味なのでどんなカラーのトップスとも馴染みやすくコーデを上品にまとめてくれます。また、よりクリーンな印象に仕上げたいなら、ホワイトと組み合わせるのがオススメです。

 

出典:WEAR

 

ビッグシルエットのプルオーバーに落ち感のあるプリーツスカートを合わせたカジュアルなコーデですが、色合いのコントラストできれいめな雰囲気も漂う大人っぽい着こなしに。大ぶりアクセのアクセントを合わせてかっこいい印象に仕上げると、より洒落感が引き立ちます。

 

 

 

|クラシックブルーを主役アイテムに投入した上級者コーデも◎

 

クラシックブルーを主役にしたコーデのポイントは合わせるアイテムのカラーをモノトーン系に絞ることでコーデを上品にまとまること。それだけで自然とお洒落上級者の雰囲気を醸せます。

 

出典:WEAR

 

ビッグシルエットのAラインワンピースでクラシックブルーを採り入れるなら、ブラックのワイドパンツをレイヤードして、小物もモノトーンで統一を。ただし、主張の強い色で重見えしやすいので、袖をまくったり、足元にサンダルを合わせたりと、程良い肌見せで抜け感をプラスしてバランスを取りましょう。

 

 

 

|差し色として優秀なのも嬉しいポイント

 

面積が少なくても存在感高めのクラシックブルーは差し色としても優秀。シューズやパンプスで取り入れることで、簡単に旬の着こなしにアップデートできます。

 

出典:WEAR

 

モノトーンでまとめた着こなしにバレエシューズで差し色をオン。ホワイトソックスを合わせることで、シューズの存在感が際立ちます。また、全体のバランスが整うように上半身に引き締めカラーを合わせるのがポイントです。

 

出典:WEAR

 

一方、ダスティカラーで全身をまとめたカジュアルコーデの差し色としてもオススメです。ゆるめトップスを使ったコーデにシャープなシルエットのブーツでクラシックブルーを投入。コーデがメンズライクになることを防ぐと同時にスタイリッシュな雰囲気を醸せます。

 

 

ネイビーよりも色味が映え、ペールブルーよりもクールな雰囲気に仕上がるのがクラシックブルーの魅力です。メイン使いはもちろん、差し色としても使いやすい優秀カラーなので、さり気なく採り入れてお洒落に差が付く洗練コーデを愉しんでみてくださいね。<top image出典:WEAR


border