loveラブ

計算された行動です。恋する男性が仕掛ける「さり気ないスキンシップ」

Twitter
LINEで送る

反射的でさり気なく見える男性からのスキンシップ。

でも、実はしっかり計算されたもので、男性が意識的に仕掛けてきていることがほとんどです。

そこで今回は、恋する男性が仕掛ける「さり気ないスキンシップ」について解説します。

|アクセサリーを見るふりをして手を触る

男性は好きな女性の「手に触れたい」「繋ぎたい」と思うものの、日常の中で手に触れる機会はなかなかありません。

そんな時に男性はアクセサリーを見るふりをしながら手に触れてくるもの。

「これどこで買った時計?」とか「この指輪かわいいね」と言いながら手首や指にタッチしてきても、

実際にはアクセサリーに興味なく、あくまであなたの手に触れることが目的なのです。

|手の大きさを比べる

女性の手を見て「小さくない?」などと驚き、自分の手と比べようとするのも、意識してる女性にするスキンシップ。

手を比較するという口実があるため、自然な流れで女性の手に触れることができると考えているのでしょう。

また、手と手を合わせることで必然的に2人の距離感が縮まることを狙っています。

|頭を撫でる

日頃から女性のことを「可愛い」と思っている男性は、愛情表現の一種として頭を撫でるというスキンシップをすることも。

それは、男性があなたのことを愛おしく思っている証拠で、好意や愛情しかありません。

|腰に手を回す

腰に手を回すというのも、男性が好きな女性に仕掛けるスキンシップの1つ。

ほとんどは「もっとこっちに来なよ」といった意味で、あなたとの物理的な距離を縮めたいと思っています。

ただし、このスキンシップは下心が隠れている場合もあるため要注意。

甘いムードを作ろうとしているだけのケースもあるので、きちんと見極めましょう。

このように男性が好きな女性にスキンシップする場合、さりげなくてもきちんと計算しています。

ぜひ今回紹介した内容を覚えておいて、男性のスキンシップの意図を汲み取ってくださいね。

🌼秘めた想いが行動に出てます。男性が「好きすぎるあまり」しがちなこと


border