loveラブ

いいこと全然ありません。彼氏依存になった時に生じる「3つのリスク」

Twitter
LINEで送る

彼氏のことが大好きすぎて、気付かぬうちに彼氏依存になってしまう女性がいます。

でも、特定の誰かに依存することにはリスクが伴うもの。

そこで今回は、彼氏依存になった時に生じる「3つのリスク」について解説します。

|仕事に支障が出てしまう

彼氏に依存し過ぎると、仕事に支障が出てきます。

例えば、彼と一緒にいたくて仕事を休みがちになったり、彼との別れがチラついた時、不安で仕事が手につかなくなることも。

そうなれば、自分だけの問題ではなくなり、周囲に対して問題行動で悪影響を及ぼすことになるのです。

|親友と呼べる友達がいなくなる

彼氏にベッタリな彼氏依存の女性は、友達から誘われても断わることが多くなり、だんだん友達と距離ができ始めます。

そして、いつしか友達から誘われることもなくなり、孤立していくでしょう。

でも、恋愛関係で悩みや問題が生じた時に真っ先に相談するのは親友と呼べる女友達というケースがほとんど。

つまり、彼氏依存になると、何か問題が起きた時に相談できる相手さえ失っている可能性さえあるのです。

|自分の本当の気持ちがわからなくなる

「好き」という気持ちが大きくて彼氏依存している女性でも、徐々に気持ちが落ち着いてくると彼氏のことを冷静に見れるようになっていきます。

そうなると、「なんで依存するほど好きになってしまったんだろう?」「彼とは別れた方がいい?」といった疑問が浮かんでくることも。

でも、依存してきた自分を否定したくなくて、自分の本当の気持ちに気付かないふりをして、好きでもなくなった男性と交際をズルズル続けてしあう女性は少なくありません。

 

彼氏依存になると、今回紹介したリスクと向き合う必要が出てきます。

もし「こうはなりたくない」と思ったら、ただちに彼氏に依存するような行動をやめるように意識していきましょうね。

🌼いい子すぎてもダメ。男性の「恋愛対象から外される女性」の共通点


border