loveラブ

既読スルーされたら送りたい。男性の返信を誘発する「追いLINE」のコツ

Twitter
LINEで送る

好きな男性にLINEを送ったのに既読スルーされることってあるはず。

かと言って、普通に返信を催促するような行動をしてしまうと、イメージダウンにつながることもあるでしょう。

そこで今回は、男性の返信を誘発する「追いLINE」のコツを紹介します。

|前回のメッセージをよりもメッセージの内容を具体的にする

既読スルーされたメッセージがあまり具体的な内容ではない場合、改めて具体的な内容を書き足す形でメッセージを送ってみましょう。

例えば「◯日と△日だと、どちらが都合いい?」「〇〇に行ってみない?」など内容を具体的にすることで、男性も返信しやすくなりますし、「返信しないと!」と感じるものです。

|全く別の話題のメッセージを送る

全く別の話題のメッセージを送るのも一手です。

返事が来ないうちに、次の話題を振っていいか迷うところですが、男性が既読スルーしているのは単に忙しかったり、「了解」だから返事しないというケースがほとんど。

なお、別の話題を送る時は、既読スルーされてから半日程度経っているタイミングにしたり、男性の返信が必要な内容にするなど、少し配慮してみましょう。

|スタンプや画像を送るのはNG

既読スルーされたからと言って、スタンプや画像を立て続けに送るのはイメージダウンにつながるので、絶対にやめましょう。

余計に男性は「鬱陶しい」「返信する必要がない」といったネガティブな結論を出す可能性が高くなります。

やはり文章を送る方が効果的ですし、その文章も返信が必要な内容にすることを心がけてみましょう。

既読スルーされたからと言っても、男性は「完全に無視しよう」という心持ちではないことがほとんどです。

もしどうしても返信が欲しいなら、ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

🌼やり取りが弾みます。気になる男性を夢中にさせる「LINEのコツ」


border