内臓機能を高めつつ運動不足を解消。1日1セット【全身の筋肉をバランス良く強化する】簡単習慣

Twitter
LINEで送る

ゆっくりとした動きで体を動かすヨガは体の柔軟性を高めつつ血行促進する効果を期待できるのが魅力の1つ。そこで今回は、内臓機能を高めて全身の巡りを上げる簡単ヨガポーズ【パリヴリッタ・パールシュバッコーナアーサナ】を紹介します。お腹や下半身、そして上半身や腕など全身の筋肉をバランス良く強化できるので、運動不足の解消につながります。

 

【パリヴリッタ・パールシュバッコーナアーサナ】

 

(1)四つん這いの姿勢になる

 

▲両手を肩幅に開いて手の平を肩の真下に置き、両脚を腰幅に開いてつま先を立てます

 

(2)右脚を右手より前に出し、左ひざを真っ直ぐ持ち上げる

 

 

(3)左手を右脚の外側に置いて、右手を腰に置く

 

▲難しい場合は左手を右側の内側に置いてもOKです

 

(4)上半身を右側にひねる

 

 

(5)左腕を体側に沿うように斜め上に伸ばし2〜3呼吸(約20秒間)キープ。終わったら手順を逆戻りにして(1)に戻る

 

▲キープ時はしっかりと地面を踏んで、後ろ足が浮かないように注意しましょう

 

キープが終わったら、反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「上半身をしっかりねじること」「キープ時に後ろ足を浮かさないこと」がポイント。運動不足の解消に最適なポーズなので、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:Minami(トレーナー歴4年)>


border