loveラブ

誤解されると面倒です。好意のない男性に「やってはいけないこと」

Twitter
LINEで送る

好意のない男性に「俺のこと好き?」と誤解させてしまうと、あとあと面倒なことになるでしょう。

そこで今回は、好意のない男性に「やってはいけないこと」を紹介します。

下の名前やニックネームで呼ぶ

好意のない男性のことを苗字ではなく、下の名前やニックネームで呼ぶのは避けた方が良いでしょう。

なぜなら、苗字で呼ばれるのは普通のことであっても、下の名前やニックネームで呼ぶと特別感が出てしまうから。

それだけで「彼女に好意を持たれているのでは?」と誤解してしまう男性も中にはいます。

長所や魅力を褒めすぎる

どんな男性に対しても長所や魅力に気づくとすぐに褒めてしまっているなら要注意。

男性の中には「好意があるから、いつも彼女は褒めてくれるんだ」と誤解する人もいるからです。

褒めるということは決して悪いことではありませんが、褒めすぎにならないように意識しましょう。

「また行きましょう」と言う

男性とお茶や食事した時に「また行きましょう」と口癖のように言ってしまっているなら要注意。

男性によっては次の機会を期待していると言われている風に受け取ってしまい、「俺に好意があるのかな?」なんて誤解を生むことがあるからです。

誤解を与えたくないなら、「楽しかったです」「美味しかったです」とその場の感想を伝えるだけに留めておきましょう。

好意のない男性に「好意を持たれている」と誤解されないように、ぜひ今回紹介したポイントには特に注意していきましょうね。

?彼の態度もしかして…。男性が女友達を「異性として意識する瞬間」


border