hairヘア

髪の広がりが気にならない。大人感も女っぽさも高まる【コンパクトボブ】

Twitter
LINEで送る

湿度の高い季節ということもあって、髪の広がりに悩まされている方は少なくないでしょう。そんな方にこそおすすめのヘアスタイルがシンプルベーシックな雰囲気の【コンパクトボブ】。そこで今回は、大人感も女っぽさも高まるスタイル作りのコツを紹介します。

 

|骨格や輪郭のコンプレックスをさり気なくカバーできるのも魅力

 

シルエットがコンパクトになる分、「頭や顔が大きく見えそう」と心配な方も大丈夫。髪のボリューム感をコントロールすることで骨格や顔の輪郭のコンプレックスをカバーしやすく、自然と小顔な雰囲気に見せることができます。

 

 

レイヤーを入れたりボリュームを残したりしつつ全方位に必要な丸みを自然に与えましょう。ふんわりと顔周りを包み込むイメージでスタイリングして、後頭部に程良くボリュームを出し、襟足をタイトに仕上げてシルエットにメリハリをつけるのがポイントです。

 

|リップラインを意識したレングスでアカ抜けた表情に

 

リップラインを意識したレングスにすることで、グッとアカ抜けた表情に。外側に出る髪を長めにカットしておくことで髪の広がりを抑えることができます。

 

 

毛先に厚みを残して前髪に透け感を出しつつ、サイドやバックの見え方にまでこだわりましょう。なお、スタイリング剤を付けすぎてしまうと重見えにつながるので、あくまで軽やかさを残すようにナチュラルにシルエットを整えるのがポイント。また、それでも重さや広がりが気になるなら、サイドを耳かけするとスッキリまとまります。

 

|前髪に動きと透け感を出しておしゃれ感UPを

 

おしゃれな大人という雰囲気に仕上げるなら、毛先を重めに仕上げつつもふんわりとトップに高さを出し、長めに残した前髪を流すなどして動きと透け感を出しつつ、サイドの髪に馴染ませるようなスタイルリングするのがおすすめ。

 

 

ナチュラルな髪流れを演出しつつ、スタイリング剤で適度に束感を出して髪流れを強調すると、柔らかな雰囲気とともに小顔感もグッと増しますし、髪の広がりを抑える効果も期待できます。また、おでこに透け感を出すと相乗効果で目元印象が一層映えて、さり気なく色気を醸せるでしょう。

 

気温も湿度も高い季節こそ、涼やかで軽さの出るコンパクトボブでおしゃれを満喫してみてくださいね。<image出典:instagram(@yuma54321)


border