beautyビューティー

62kg→47kgの減量を叶えた簡単ルール、くびれウエストを作る毎日30回の簡単習慣など今週注目の話題

Twitter
LINEで送る

今週(2020年4月12日~2020年4月18日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『62kg→47kgの減量を叶えた簡単ルール』『くびれウエストを作る毎日30回の簡単習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

 

▶︎運動なしで体重11kg減。3児のママが実践した【話題のダイエット法】って?

 

 

 

|体重が62kg→47kgに。15kgものダイエットを叶えた簡単ルール

 

毎日のように“体重計とにらめっこ”している方は少なくないと思いますが、上手にきれいに体型を整えるためには食事も運動もきちんと管理していくことは欠かせません。そこで参考にしたいのが、62kg→47kgに減量成功したApinkのウンジが実践した簡単ダイエットルールです。

 

 

(1)あえて食事管理を“ゆる〜い”内容に

 

過度な食事制限によるダイエットで体調不良に陥った経験から「極端な食事制限は良くない」と身にしみて感じたというウンジ。そんな無理なダイエットは絶対にしないと誓った彼女が行き着いた食事管理のルールが「高カロリーなものを控える」というシンプルなものでした。もともと食べることが大好きというウンジでしたが、極端な食事制限をやめて、脂肪になりやすい揚げ物やスイーツ、過度な炭水化物の摂取を減らすといった“ゆる〜い”食事管理のおかげで体調を管理しやすくなり、ダイエット中のストレスを軽減できたそう。ウンジのように食べることが大好きなら効果的な方法と言えそうです。

 

 

(2)食べた分、ジムでとにかく体を動かす

 

ゆるーい食事管理の反面、ウンジが力を入れていたのが運動です。ジムで専属トレーナーをつけてしっかり運動することでダイエット中の孤独感を解消し、モチベーションの継続を計っていたことを明かしています。筋力をつけたり、筋肉を動かすことはリバウンドを防止にも役立つので、ジムに通わずとも自宅でできる筋トレやストレッチなどをダイエット期間は習慣にしたいものです。

 

 

ダイエットは何よりも継続が大事ですが、内容が過酷すぎて身体を壊してしまうのは本末転倒と言えます。ぜひウンジのような、自分に合う継続可能なダイエットルールをぜひ見つけ出していきましょうね。

 

 

 

|毎日30回。徹底的に脇腹を引き締めて“くびれウエスト”に

 

オンナらしさの象徴とも言えるくびれウエストに少しでも近づくためには、お腹周りのエクササイズを日々コツコツ実践することが大事というのはわかっていても、継続させるのはなかなか難しいもの。そこで習慣に採り入れたいのが、毎日30回の実践で脇腹の引き締めに徹底アプローチできる簡単エクササイズ【トーソローテーション】です。くびれ作りの鍵となる「腹斜筋」を強化できます。

 

 

(1)椅子に背筋を真っ直ぐ伸ばして浅く座り、肘掛を両手で持ってバランスを取りながら膝を上げて脚を床から5〜10cm程度浮かす

 

 

 

(2)背筋を真っ直ぐ伸ばして上半身を正面にキープしたまま、脚を浮かした状態で膝を左右に振る

 

 

 

左右に振って1回とカウントし、“1日あたり30回を目標”に実践します。なお、期待する効果をしっかり得るためには「両膝をくっつけたまま腰から下だけを振ること」がポイント。また、実践中に体を一緒に振ってしまうと十分な効果が得られない上に、体を痛める原因にもなるので注意しましょう。

 

日々の生活では使われにくい腹斜筋は意識をしないと鍛えることができない上“落ちやすい”という特徴があるので、ぜひ習慣にしたいところ。なお、実践する際は安全に行うためにも“座面が回転しない安定感のある肘掛付きの椅子”を使用してくださいね。<エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年)>

 

 

 

|生年月日占い《2020年4月〜5月の恋模様》をチェック

 

何事も実行するタイミングが想像以上に大切になります。人間関係の中でも“恋愛関係”はとても深く濃密なものだからこそ、誰もが願う幸せを掴むために“運勢の流れ”を意識してみませんか? それでは、あなたの生年月日から導かれる《2020年4月~5月の恋模様》をチェックしてみましょう。<占い:「YUKI’s風水」野口由起子>

 

▶︎あなたの生年月日から導かれる“タイプ”を判別する方法

 

▶︎【生年月日占い】幸せを掴むベストタイミングは?《2020年4月~5月の恋模様》

 

 


 

 

beauty news tokyo編集部の最新情報は公式instagramでもチェックできます。ぜひフォローしておいてくださいね!


border